【HDR写真】年の瀬の横須賀・若松マーケットで、赤提灯が北風に揺れていた。

2014年の暮れも押し詰まった12月30日に1カ月半ぶりに横須賀を訪ねました。日が暮れかかった頃、横須賀中央駅近くの若松マーケットに足を踏み入れると、前回来たときにはなかったはずの提灯にあかりが灯っていました。昭和っぽい風情を残した場末感漂う飲み屋街に、赤提灯がアクセントになってとてもいい雰囲気。まだ4時台ということもあり、ほとんどの店がシャッターを下ろしてひっそりとしていましたが、昼から営業しているカラオケスナックから、時おりエコーたっぷりの演歌らしい歌声が漏れ聞こえてきます。

現在、急ピッチで再開発が進んでいる横須賀中央駅付近。この通りのすぐ横の高台には、26階建てのタワーマンションが今年9月に完成する予定。また、ここから歩いて5分ほどの西友跡には38階建てのタワーマンションが建設中。これらが完成すると、数千名の人が新たにこの近くに移り住む計算になります。そうなったらこの通りはどんな風に変わっていくのでしょうか・・・。

横須賀 若松マーケット

横須賀 若松マーケット

横須賀 若松マーケット

<Photomatixの設定>
■方式:トーンマッピング(コントラスト最適化) ■強さ:100 ■トーン圧縮:0.0 ■光の効果:50 ■ホワイトクリップ:5.0 ■ブラッククリップ:5.0 ■中間トーン:0.0 ■彩度:0.0 ■色温度:0.0

<撮影日時>
2014年12月30日 16:40ごろ

<使用機材・ソフト>
Pentax K-5IIs/TAMRON AF 17-50mm F2.8 XR Di II
3Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.0.5→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告