【HDR写真】フェスティバルゲート跡に出現したパチンコ店は圧倒的な存在感を放っていた。

長らく工事中だった大阪・新世界のフェスティバルゲート跡。1月7日に行ったところ、巨大なパチンコ店になっていました。調べてみるとグランドオープンしたのは昨年12月30日。当初は韓流テーマパークになる予定だったのが、諸事情により昨年5月にパチンコ+量販店の複合施設にすることになったということです。

フェスティバルゲートが営業を終了したのが2007年7月末。それから7年半というけっこうな歳月を経て出現したこの店、その巨大さで一駅先にある高さ300メートルの日本一の超高層ビル「あべのハルカス」も小さく見えてしまうほど、圧倒的な存在感を放っていました。

大阪 フェスティバルゲート跡

大阪 フェスティバルゲート跡

大阪 フェスティバルゲート跡

<Photomatixの設定>
■方式:トーンマッピング(コントラスト最適化) ■強さ:100 ■トーン圧縮:0.0 ■光の効果:50 ■ホワイトクリップ:5.0 ■ブラッククリップ:5.0 ■中間トーン:0.0 ■彩度:0.0 ■色温度:0.0

<撮影日時>
2015年1月7日 12:36ごろ

<使用機材・ソフト>
Pentax Q7/02 STANDARD ZOOM
3Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.0.5→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告