【HDR写真】HDR写真に彩りを加える!Topaz Adjustで良く使う3つのプリセット。

今や私にとってHDR写真づくりに欠かせない存在となっているのが「Topaz Adjust」です。これは、先日紹介した「Nik Collection」と同様、単体では使えずPhotoshop(Elements)のフィルタに追加して使うプラグイン。多くのプリセットが用意されており、手軽に写真や画像に彩りを加えることができるのが特徴です。私の場合、Photomatixのコントラスト最適化方式で比較的クセの少ないHDR画像に仕上げ、その後Topaz Adjustで色づけするというのが現在の定番スタイルとなっています。多彩なプリセットの中でもHDR向きだなと個人的に思っているプリセットを3つ紹介します。

1.ディテールミディアム

最もよく使うのがこれ。ディテールを強調するエフェクトです。カベの汚れなどを浮き上がらせ、雲の存在感をアップさせて、いかにもHDRといった画像に仕上げます。Topaz Adjust5では、[クラシックコレクション]というカテゴリーの中にあります。下の画像では歩道橋の白い手すり部分を特に比べてみてください。

<加工前>

IMGP8091_2_3_tonemapped1

<加工後>

IMGP8091_2_3_tonemapped3

2.ポートレート・ドラマ

このプリセットもディテール強調系。空の色が濃くなるところが気に入っています。[Adjust4プリセットリスト]とういカテゴリーにあります。このプリセットの効果をさらに強くした感じの「ドラマチック」というものもあります。

<加工前>

IMGP6529_30_31_tonemapped元画像

<加工後>

IMGP6529_30_31_tonemappedポートレートドラマシャープネス2

3.スパイシー

かなり強烈なインパクトがあるのがこのプリセット。今回はプリセットをかけたそのままの写真を紹介していますが、通常はレイヤーを利用してかけ具合を調整して仕上げます。

<加工前>

IMGP8655_6_7_tonemapped2切り抜き

<加工後>

IMGP8655_6_7_tonemapped2スパイス2

これら以外にも数多くのプリセットがあり、それらを試しているだけで結構楽しめます。試用してみたいという方はTopaz Adjustのサイトの「Download a Free Trial」からメールアドレスを入力し、トライアル版をダウンロードすれば大丈夫です。冒頭にも述べましたが、Photoshop(Elements)のプラグインですから、単体では動作しませんのでご注意ください。

<使用機材・ソフト>

Pentax Q7/02 STANDARD ZOOM
3Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.0.5→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告