【HDR写真】ピンボケ気味の渋谷の写真を、細部強調でトーンマッピングし劇画風にHDR化してみた。

昨日、合成ミスとして紹介した渋谷で撮影した写真。実は残念なことにほとんどがピンボケ気味でした。そのため、クッキリ・スッキリ・ハッキリの上品なHDRは諦めて、細部強調でトーンマッピングして、その後下品なくらいにゴテゴテにしてみました。狙いは劇画風。

IMGP0040_1_2_tonemapped22

IMGP0043_4_5_tonemapped222-2

IMGP0016_7_8_tonemapped32

<Photomatixの設定>
■方式:トーンマッピング(細部強調) ■強さ:100 ■彩度:50 ■トーン圧縮:10.0 ■細部コントラスト:10.0 ■照明の調整:基本 ■ハイライトの色調:0 ■ホワイトポイント:1.124% ■ブラックポイント:0.003% ■ガンマ:0.90 ■色温度:0.0 ■マイクロスムージング:1.5 ■ハイライトの彩度:10.0 ■シャドウの彩度:-3.0  ■シャドウのなめらかさ:0

<撮影日時・場所>
2015年6月5日 12:00ごろ
渋谷区渋谷

<使用機材・ソフト>
Pentax Q7/03 FISH EYE
3Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.0.5→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告