【メシ屋&酒場紹介】名古屋を訪れたら、行くようにしている3店を紹介します。

仕事でほぼ2ヶ月に一度訪れる名古屋。時間があれば足を運ぶ3店を紹介します。

味仙 矢場店

まずこちらから。言わずと知れた元祖・台湾ラーメンの店。本店は今池にありますが、私がよく行くのがこちら矢場店。大須の商店街が好きなので、そっち方面から歩いてくるケースが多いです。味噌カツの「矢場とん」も徒歩1分ぐらいのところにあります。ここは入り口を入ると番号の書いてあるテーブルに案内される方式。一人で行くと基本的に別の一人客と相席になります。ここ3回ぐらい私は7番テーブルばかりですね。店員さんがビール瓶(ラベルなし)に入った水とコップを持ってきてくれますので、その時にオーダーすればいいです。

nagoya1-22

出てくるまでの時間はマチマチ。台湾ラーメン一品だけでも「結構待つな!」と思うことも…。まあ別に気になるほど長くはないですけど。で、これが台湾ラーメン(680円)。やや小ぶりの器に赤いスープに挽肉とニラが特徴。でもスープは表面だけが赤くて、実際は茶色っぽいです。辛いモノが好きな人でも「自分は大丈夫!」なんて油断しない方がいいですよ。最初は気をつけないとむせます。あっ、それは私のことですね。初めて食べた時、不用意に最初の一口をすすり、むせてしまいました。かっこ悪いので、次からは気をつけてます。

nagoya3-22

麺はストレートタイプ。これが辛いスープに良く合います。言い古された表現ですが、クセになる辛さ。実際、私はクセになってます。他にもメニューは充実していますのでじっくりとお食事を楽しみたい方はぜひ!私はその後、別の店に飲みに行くケースがほとんどなので、この台湾ラーメンだけにしておく場合が多いです。お腹いっぱいになりすぎず、ちょうどいい量なんですね。伝票はなくて、食べ終わったらそのまま入口付近のレジに行くと、不思議と注文内容を把握しており、精算するという方式です。

nagoya2-22

◎住所/愛知県名古屋市中区大須3-6-3
◎アクセス/地下鉄「矢場町駅」徒歩5分、「上前津駅」徒歩7分
◎営業時間/昼 11:30~14:00 (土・日15:00)、夜 17:00~翌1:00 (金・土17:00~翌2:00)

酒津屋 中店

名古屋で朝から飲みたい!そんな時には絶対こちら。朝7時からやっています。場所は栄の地下街。改札からもスグです。目印は入り口の馬のかぶり物。なんか背広が着せてあります。ここはビールがサッポロなのもいい!私は「男は黙ってサッポロビール(by 三船敏郎)」世代なんでサッポロビールが好きなんですよ。定食類も充実しているので、特に昼時などは食事の人と飲んでる人が同居しています。この日のつまみはあなごの一夜干し。その他にオクラのきざみとハムカツを頼みました。メニューはバラエティに富んでいて、ハムカツなんかは一枚130円と超お手頃!

nagoya4-22

サッポロビールとおくらのきざみ。

nagoya7

レモンサワーとハムカツ。

nagoya6

◎住所/愛知県名古屋市中区栄3丁目5−12
◎アクセス/地下鉄「栄駅」からスグ
◎営業時間/7:00~24:00

大甚 本店

こちらも超有名店。営業時間は午後4時からとなっていますが、4時ちょうどに入店するともう店内の半分は埋まっています。入り口でグッチの黒縁メガネの大将に「一人!」と告げると、禁煙か喫煙か聞かれ、答えるとじゃあココというようにテーブルに案内される方式。当然ながら一人で行くと相席です。まあ、二~三人でもそうですけど。「まずはお飲み物を?」となりますから、私の場合は「瓶ビール!サッポロ」と一言。あっ、二言か。嬉しいことに、ここもサッポロがあるんですね。つまみは入り口付近にいろいろとあるものを、自分で自由に取ってくる方式。これが結構楽しいです。モノによっては大将がレンジで温めてくれたり、タレをかけてくれたりします。この日はセリのおひたしとあなごの煮たものを選びました。店内の喧噪を楽しみながら20分ぐらいかけてビールを飲んで、その後は樽の香りがするお酒(常温)に移行するのがマイパターン。

nagoya5-22

◎住所/愛知県名古屋市中区栄1-5-6
◎アクセス/地下鉄「伏見駅」7番出口からスグ
◎営業時間/16:00~21:00

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告