【日本映画】見終わって優しい気分になる佳作。「舟を編む」(石井裕也監督)。

今回はAmazonプライムで見た「舟を編む」(2013年4月公開)を紹介します。

どんな映画?

原作は三浦しをんの小説。2012年に本屋大賞を受賞した作品です。

出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書「大渡海(だいとかい)」――見出し語は24万語。完成まで15年。編集方針は「今を生きる辞書」。個性派ぞろいの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂(へんさん)の世界に没頭する。そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか?

登場人物がみんな魅力的!

国語辞書を編纂する。そんな地味で目立たない仕事がテーマ。全体にわたって淡々としていて決して派手ではないんですが、主人公の馬締をはじめ、魅力的な登場人物のおかげで、見終わってとても優しい気分になる映画でした。

馬締役の松田龍平はいい役者ですね。口下手で感情表現がニガテ、でも静かな情熱を持っていてコツコツと自分の与えられた仕事に取り組む馬締役を見事に演じています。宮崎あおいは登場シーンから魅力全開。その他にも馬締と違ってコミュニケーション能力バツグンの先輩役のオダギリジョーや、辞書づくりに情熱を燃やす辞書監修者役の加藤剛など、脇役も光っています。

あと、編集部員がよく訪れる神保町の居酒屋「酔の助」がいい雰囲気で、一度行ってみたいなと思いました。

■Amazonプライムの登録はこちらから→Amazonプライム

<映画データ>
◎監督:石井裕也
◎主演:松田龍平、宮崎あおい
◎助演俳優:オダギリジョー、黒木華、渡辺美佐子、池脇千鶴、鶴見辰吾、伊佐山ひろ子、八千草薫、小林薫、加藤剛

<原作>

<予告編>

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告