【カップ麺】まろやかというより加賀みその主張が弱い!?「サッポロ一番 北陸・金沢 加賀みそラーメン」

今回は「サッポロ一番 北陸・金沢 加賀みそラーメン」をいただきました。

IMGP0755_2

加賀みそとは?

北陸・石川 伝統の調味料を使ったこのカップ麺。10月13日に同じく金沢の「大野醤油」を使った「サッポロ一番 北陸・金沢 大野醤油ラーメン」と共に発売になりました。この商品のポイントは「加賀みそ」。サイトの解説には以下のように書いてあります。

石川県産の味噌。(地域登録商標によって、製造地区が限定されている)江戸時代から製造されており、水分が多めで、濃厚な味わいです。また、米麹が多く使用されている

この商品では、味噌の35パーセントがこの加賀みそとなっているらしいです。フタはこの通り、オレンジに白文字とかなりシンプル。

IMGP0772_2

早速、つくってみる。

フタにくっついているのが「仕上げの小袋」。これがどうやら味の決め手となるみたい。

IMGP0812_2

中を見るとキャベツ、鶏・豚味付肉そぼろ、もやし、コーン、ニンジンといったかやく類が見えます。

IMGP0790_2

お湯を注ぎ、重石がわりに小袋を乗せておきます。

IMGP0817_2

待つこと3分で出来上がり。

3分経ってフタを開けると、コーンやニンジンの彩りがきれいですね。
IMGP0830_2

「仕上げの小袋」に入っている味噌を入れてかき混ぜて完成です。よくあることなのですが、そぼろやコーン、ニンジンなどのかやくが沈んでしまって、かなり地味な絵面になってしまいました。

IMGP0845_2

麺はスープとの一体感を出すために味付けをしたとのこと。
IMGP0870_2

さて感想は。

あれ?一口食べたもののあまり味がしませんね。まろやかというよりは味噌の存在感が非常に薄いです。これが加賀みそなんですか。商品説明のところにあった「濃厚な味わい」というのを感じることはできません。そもそも味噌成分のうちの35パーセントだからそんなに加賀みそが主張していないのか? コーンやニンジン、もやしなど、かやくの存在感はあるのですが、スープがぼんやりした感じで何とも味気ない。うーん、これは厳しいなあ。ごちそうさまでした。

<商品データ>
◎価格:180円(税別)
◎内容量:71g(麺50g)
◎カロリー:292kcal
◎発売日:2015年10月13日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告