【カップ麺】辛くなく、まろやかなカレー!「日清 カップヌードル マッサマンカレー」

今回は日清食品の「日清 カップヌードル マッサマンカレー」です。

IMGP3937_2

「マッサマンカレー」って?

そもそもマッサマンカレーって、どんなカレーなんでしょうか。HOT PEPPERグルメのサイトから引用させていただきます。

マッサマンカレーは、じゃがいもと鶏肉をホロホロに煮込んだ、タイカレーの一種。もともとはタイ南部で食べられていた「ご当地カレー」です。アメリカの人気情報サイト『CNNGo』が「世界で最もおいしい50種類の食べ物(World’s 50 most delicious foods)」という企画の中で第1位に選んだことから世界中で注目を集めています。人気のヒミツは、ほのかな辛さの中に、深いコクと上質な甘みが感じられること。

この商品は今年7月の発売ですが、去年11月に発売した「カップヌードル マッサマンカレー ビッグ」が好評で、販売終了後も再発売を望む声が多く寄せられたことからレギュラーサイズで発売したそうです。同時に「日清マッサマンカレーメシ」「スパイスキッチン マッサマンカレー フォースープ」も発売になってますから、よほど好評だったんでしょう。

フタを見ると「世界一美味いと話題のタイ南部のカレー」というコピーが。上記のアメリカの情報サイトのランキングを受けてのコピーなんでしょうが、「世界一」って、メチャクチャハードルを上げてますね。それでは「世界一」をさっそく食べてみましょうか。

IMGP3938_39_40_41_42_tonemapped2

さっそく作ってみる。

カップヌードルなので小袋はなし。フタを開けるとこんな感じ。

IMGP3955_2

お湯を入れて付属のシールでフタを止めておきます。

IMGP3972_2

待つこと3分で出来上がり。

スープの色は黄色というよりはオレンジに近い色。辺りに濃厚なカレーの香りが漂います。

IMGP4005_2

カップヌードル独自のしなやかでコシとつるみがある麺。

IMGP3987_2

さて感想は?

スープは濃厚で少しドロドロした感じで、ココナツミルクのせいでやや甘めです。タイカレーと聞いて辛みが強いのかと思っていましたが、まろやかです。スパイスは利いていますが、クセはなく、日本人好みの味かも。具はポテト、蒸し鶏、ネギ、ニンジンなんですが、あまり存在感はありません。麺を食べ終わった後、ドロッとした最後のスープまで美味しく飲み干しました。世界一というのは?ですが、カップヌードルの定番の仲間入りしてもいいかなと。ごちそうさまでした。

<商品データ>
◎価格:180円(税抜)
◎内容量:80g(めん60g)
◎カロリー:380kcal
◎発売日:2015年7月6日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告