【プライム・ビデオ】またまた見始めたらはまってしまい、結局全話見てしまったTV番組。

またまたプライム・ビデオで、はまった番組が二つあったので紹介します。

リバースエッジ 大川端探偵社 【テレビ東京オンデマンド】

東京・浅草、観音裏。隅田川沿いの古いビルに居を構える「大川端探偵社」。所長(石橋蓮司)、調査員の村木(オダギリジョー)、受付嬢のメグミ(小泉麻耶)だけの小さな探偵社だ。本日の依頼者は、ヤクザの若頭・矢部(やべきょうすけ)。死期が迫った組長が、かつて戦後の浅草六区の外れに存在した中華屋「喋楽」の幻のワンタンをどうしても食べたがっているという。「喋楽」はすでに廃業しており、村木が早速調査を始めるが…。

先日、瑛太&松田龍平主演の「まほろ駅前番外地」を紹介しました。

【プライム・ビデオ】続・見始めたらはまってしまい、結局全話見てしまったTV番組。
この間、こんな記事をアップしました。 その後、またプライム・ビデオで、はまった番組が二つあったので紹介します。 まほろ駅...

この番組も同じ大根仁脚本・演出の番組(全話ではありませんが)。ハードボイルド調のテイストは似ています。舞台は浅草の探偵事務所という辺りがシブいというか、大人っぽい。浅草好きの私の見慣れた光景が随所に出てくるのでそれも楽しいです。オダギリジョー、石橋蓮司共にいいんですが、このドラマの最大のポイントはは小泉麻耶演じるメグミでしょう。これ以上ないぐらいのハマリ役。EGO-WRAPPIN’の音楽もカッコイイです。

<番組データ>
◎出演:オダギリジョー、石橋蓮司、小泉麻耶
◎再生時間:28分
◎初回放送日:2014年4月18日

原作も良さそう。こちら。↓

太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~【テレビ東京オンデマンド】

営業マン・佐藤直哉は、取引先の忙しぶる男・磯貝孝彦に時間がないという理由で資料の説明すらさせてもらえず悔しい思いをする。その夜、佐藤は磯貝を攻略するためにほめる技術シミュレーションゲーム「世渡りWARS」に挑戦。バーチャル空間で磯貝と会話するが、やはり機嫌を損ねてしまう。するとゲーム上の指南役である大佐(手塚とおる)、分析官(柄本時生)、参謀(木南晴夏)が現れ、「敵をほめるにはまず敵を知ること」と話し、分析官が忙しぶる男の特徴を分析し始める。

もう、テレ東ハズレなしです。これ、初回はどうかなと思いましたが、2回目からハマりました。「褒める」という人間の武器を利用して毎回、難敵と戦うのがメインストーリー。サブストーリーもあって、最終回に向けてその二つが合流していくのですが、それは見てのお楽しみ。

特に良かったのが第2話のネガティブ女子とやさぐれデブ、第5話の中二病引きずり男子と存在感ゼロ男子、第8話の若作りといった回。木南晴夏ってマッサンの娘のイメージが強かったのですが、この参謀役いいですね。赤のタンクトップにフライトジャケット姿がカッコ良すぎ。このシリーズに出てくる褒めワードの数々、実生活に役立ちそうです。

<番組データ>
◎出演:手塚とおる、木南晴夏、柄本時生
◎再生時間:35分
◎初回放送日:2015年1月12日

■Amazonプライムの登録はこちらから→Amazonプライム

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告