【カップ麺】意外にあっさりの醤油味。「サッポロ一番 まぜそば 醤油ダレ」

今回は「サッポロ一番 まぜそば 醤油ダレ」をご紹介します。

IMGP5384_2

「まぜそば」って?

今やラーメンの一ジャンルとして定着した感がある「まぜそば」。
少し前にこんな商品をご紹介しました。

今回は「明星 夏の台湾まぜそば」をいただきました。 さてこの商品、実は1ヶ月近く前に購入していたのですが、なかなか食べなかった...

正確な定義はどうなのかわかりませんが、
汁なしでいわゆる「油そば」と同じようなものという認識です。
この「サッポロ一番 まぜそば」には「辛味噌」版もあります。 

パッケージは紫を基調にしています。
その意図としては「醤油だから紫にしておこう」ということですかね。
それともこの商品との連動を狙ったのか?

今回は「サッポロ一番 北陸・金沢 大野醤油ラーメン」をいただきました。 大野醤油とは? 20日ほど前、「北陸・金沢 加賀みそラー...

でもこの紫色、私好きです。「まぜそば」という黒文字が引き立っています。
IMGP5399_2

さっそく作ってみる。

フタを開けると出てきたのは「調味だれ」の小袋一個。シンプルです。

IMGP5409_2

中をみるとこんな感じ。麺が太いですね。
なんか、かやくが少ない。

IMGP5429_2

お湯を注ぎ、調味だれをのせておきます。

IMGP5444_2

湯戻し時間は4分。

4分経過したら、フタの上部にある湯切り口のシールをはがして湯切りをします。

IMGP5454_2

調味ダレをかけて混ぜ合わせれば出来上がり。
今回はかやくを真ん中に集めて撮影してみました。

IMGP5472_2

存在感たっぷりの太麺ですね。

IMGP5487_2

さて、感想は?

麺はもちもちですね。食べ応えありますが、量はそんなに多くないので私にはちょうどいいぐらい。醤油ダレは中華そば風味で、予想していたよりはさっぱりしていました。塩っぱすぎず、しつこくない。逆に言えばインパクトはそんなにありません。

私はカップ麺って、取り立てて辛いとか、濃いとか、何か突出した特徴があった方がいいと思う派。でも企業だと、どうしても中庸で無難な味になってしまうんですかね。で、ラー油と一味唐辛子をプラスして食べました。あとはネギとかタマゴを追加したらいいかも。もしかして、そういう前提? ごちそうさまでした。

<商品データ>
◎価格:180円(税抜)
◎内容量:95g(めん65g)
◎カロリー:427kcal
◎発売日:2015年10月19日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告