【カップ麺】やっぱり「サッポロ一番 塩らーめん」の味だ…としか言いようがない。「サッポロ一番 塩らーめんどんぶり」

今回は「サッポロ一番 塩らーめんどんぶり」をいただきました。

IMGP6147_2

「サッポロ一番 塩らーめん」って?

そんなの知らない人がいるわけないじゃないか、と思いますがまずはWikipediaより。

1971年9月に、サッポロ一番ブランドの第三番目のシリーズとして、サッポロ一番しょうゆ味、サッポロ一番みそラーメンに続いて発売された袋麺タイプのインスタントラーメンである。発売当時はあまり知られていなかった塩ラーメンの味の普及に貢献した製品であり、現在まで販売され続けているロングセラー製品である。2013年の後半にパッケージがアルミ包材へ更新された。みそラーメンはカタカナに対し、塩らーめんはひらがなである。

発売から45年…ですか。ほぼ半世紀ですね。

1960年生まれの私は、中学・高校と食べ盛りの時期を、こいつと同じシリーズのしょうゆ味、味噌ラーメン、そして日清の出前一丁と共に過ごしたと言っても過言ではないくらい食べたイメージがあります。特に土曜日の昼なんか…。

ただ、よく考えると1998年に発売されたというこのカップ麺バージョンは食べた記憶がありません。そんなこともあって今回改めて購入してみました。
まあ、スーパーの店頭で安かったからなんですけどね。

で、パッケージを上から見るとこんな感じ。

IMGP6167_2

さっそく作ってみる。

フタを開けると入っていたのはかやくと特製スープ。
IMGP6177_2

フリーズドライのかやくは、チンゲン菜と白菜、コーン、ニンジン。
この商品のCMソングと言えば「はくさい、しいたけ、に~んじん…」なんですけど、しいたけは入っていないようです。

IMGP6207_2

湯戻し時間は3分。

お湯を注いで3分経ったら出来上がり。カップ麺にしては野菜が多め。

IMGP6241_2

サッポロ一番塩らーめんの白っぽい麺。山芋が練り込んであるそうです。

IMGP6250_2

さて感想は。

いまさら感想なんて…というのが正直なところ。ああ、この味、この味という感じ。既視感ならぬ既食感。まあ「サッポロ一番塩らーめん」は「サッポロ一番塩らーめん」ですから。やっぱり独特のスープにゴマがアクセントとなっていていいですね。ごちそうさまでした。

<商品データ>
◎価格:180円(税別)
◎内容量:83g(めん65g)
◎カロリー:372kcal
◎発売日:1998年11月/リニューアル日:2015年3月

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告