【カップ麺】スープがそれほど濃厚ではなかった…。寿がきや食品「全国麺めぐり 徳島ラーメン」

今回は寿がきや食品の「全国麺めぐり 徳島ラーメン」をいただきました。

IMGP9038_2

徳島ラーメンって?

なんとなく、茶色っぽいスープに肉と生玉子が乗っているイメージがあるんですが、調べてみるといくつか種類があるらしい…。

徳島県(東部)のご当地ラーメンである。地元では「中華そば」や「そば」と呼ばれている。(中略)徳島ラーメンには大きく分けて「茶系」「黄系」「白系」の3系統がある。戦後まもなく白系が誕生し、後に黄系・茶系と登場したといわれている。茶系は「黒系」とも呼ばれ、豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油で味付けし中細麺を用い、トッピングには豚のバラ肉・ネギ・もやしなどを使い、生卵を乗せるのが特徴である。新横浜ラーメン博物館に出店した「いのたに」がこの茶系だったことから、全国的には単に「徳島ラーメン」と呼んだ場合、概ねこの茶系ラーメンを指す。(Wikipediaより)

パッケージを見るとこの商品は「黒系」ですね。
そして、

なお「徳島ラーメン=生卵」というイメージが全国的には強いが、生卵を入れるのは主に茶系ラーメンで、地元では生卵を入れずに食べる人が多い。

なるほど。

さて、パッケージを見てみます。
ブルーが基調になっています。
そして徳島らしさを強調するため徳島県マスコット「すだちくん」のイラスト。
ただし、「本品にはすだちは使用しておりません。」との注意書きが。
こういった小さい突っ込みどころがあるのは嬉しいですね。

IMGP9055_2

さっそく作ってみる。

フタを開けると出てきたのは「かやく入粉末スープ」と「液体スープ」の二つの小袋。

IMGP9080_2

麺はノンフライ麺です。

IMGP9088_2

かやく入粉末スープを入れてから、お湯を注ぎます。

IMGP9120_2

湯戻し時間は4分

4分たってフタを開け、液体スープを入れてかき混ぜると出来上がりです。

IMGP9168_2

油が結構多め。麺がいい感じにテカっています。

IMGP9188_2

さて、感想は?

スープは醤油豚骨。思ったほど濃くはありませんでした。インパクトはないですが、私は二日酔いだったから、このぐらいで良かったかも。本調子だったらやや物足りないかな。麺はノンフライ麺らしく、ツルツルとして食感はいいです。肉はカップ麺にしては入っている方ですが、やはりおまけ程度ですね。もやしは入っていたのかな。カップの側面にはかやくに「もやし」と書いてありますが存在感はゼロ。ちょっと中途半端な商品だなと思ったら、もうすでに寿がき屋のサイトから消えていたのでした。ごちそうさまです。

<商品データ>
◎価格:227円(税別)
◎内容量:124g(めん70g)
◎カロリー:413kcal
◎発売日:2015年7月27日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告