【メシ屋&飲み屋紹介】44年の歴史を重ねてきた定食屋さん。東伏見「寿々木食堂」

素敵な食堂を見つけたのでご紹介します。

suzuki1

青梅街道沿いで激シブ定食屋さんを発見

場所は東伏見の青梅街道沿い。
この日は近くで仕事があったため、西武新宿線の「東伏見駅」から
早稲田大学東伏見キャンパスの横を通り、坂を登って青梅街道沿いに出たとき、
目に飛び込んできたのがこのお店でした。

一目で長い年月を経てきたことがわかるすすけた黄色のビニール看板。
洗い込まれたいい感じの白い暖簾には黒文字で店名が染め抜かれています。
これはもう入るしかないでしょう。

店の左右に引き戸がありますが、向かって右側の戸を開けて入ると、
店内はカウンターのみのお店でした。
入店前はテーブルが6つぐらいある定食屋を想像していましたが違いました。

席数は12席ぐらい。

suzuki2

迎えていただいたのはご年配のお母さん。一人で切り盛りされているようです。

そして先客は4名。
近くの会社員といった感じの男性3人組と作業服姿の20代後半ぐらいの男性一人。

後で伺いましたが、この店は今年5月で44年。
体調が優れず昨年の12月25日以来休んでおり、この日は1ヶ月ぶりにお店を開いたとのこと。

おすすめは天ぷら定食か?

定食屋さん定番のメニューが揃っています。

◎天ぷら定食 700円
◎焼き肉定食 700円
◎焼き魚定食 700円
◎日替わり定食 500円
◎モツ煮定食 600円
◎モツ煮込み 200円

実は入店直後、メニューをさがしたのですが見当たらず、
壁の黒板にチョークで書かれていた日替わり定食をオーダー。
入店したら1分以内にオーダーする主義なんです。

で、その後じっくりと店内を見直したらカウンターの上に
木札がかけられていて天ぷら定食などの各種メニューが書かれていました。
隣のお客さんのやや死角になってこの木札が見えなかったんですね。

テレビのチャンネルは珍しくNHK教育テレビ。園芸番組をやっています。
そして5分ほどで出てきたのはこれ。

suzuki3

メインはあじフライ2枚。
写真に写っていませんがお新香の小鉢がついてます。
極めてオーソドックスなんですが、これでいいんです。
でも他の人の食べているのを見たら「天ぷら定食」が美味しそうでした。
「今日は1ヶ月ぶりに開けたからお客さんは一人か二人かと思っていたら、
予想以上にお客さんが来てくれた。やっぱり体を動かすのは楽しい」とお母さん。

ごちそうさまでした。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都西東京市東伏見4-8
◎営業時間:お昼のみ営業

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告