【メシ屋&酒場紹介】30分待って登場したせいろそばは飛び切りの色白美人だった。栃木県小山市「今昔」

今回は栃木県小山市の「今昔」をご紹介します。

konjyaku2

場所は小山駅から徒歩3分。
小山駅には比較的賑やかな東口とやや静かめの西口がありますが、
その静かめの方から出て右手を見るとこの東横インが目に入ります。

konjyaku9

この東横インの裏手にあるのがこの店。
入口付近には木が茂っており薄暗くなっています。

konjyaku2

ちなみにこの一帯にはこのような楽しそうな店が点在しています。
「今宵もハッスル!! 元祖和風パブ スーパー料亭 天女」!

konjyaku1

ぜひともハッスルしたいところですが、まだ開いていませんでした。

さて、今昔の店内ですが、
左側がテーブル、右側が小上がりとなっていて合計28席。
正面にレジ・カウンター、その裏が厨房ですね。
古民具などが飾ってあって古民家風のつくり。

konjyaku3

こちらがメニュー。
少し前に小山駅ホームでうどんを食べたので、
今回はシンプルな「せいろそば」(800円)を注文しました。

konjyaku4

で、テーブルの上にこのメニューと共にこんなことが書いてあるものを発見。

お客様各位
いつも当店をご利用いただき有難うございます。
日頃からお客様をお待たせすることが多いのですが
ここにきて従業員が1人が減ってしまいました。
パート・アルバイトの求人を出していますが、
なかなか集まらないのが現状です。
新しい従業員が決まって慣れるまでは、…

つまり、出てくるまでは結構時間がかかるというわけですね。
はい。わかりました。
入店したのが午後1時10分。
私は2時にここから歩いて5分ぐらいの場所で
仕事の待ち合わせをしていて、
まだ50分もあるので余裕…と思っていました。

で、ここでよく店内を見回すと、
この時点でそばを食べている人は誰もおらず、
先客は奥の四角いテーブル席に3名、後ろの丸いテーブル席に中年カップル、
小上がりに女性2名と中年カップルで合計9名。
うわぁ、前に9名もいるじゃないですか。

<5分経過>
何の動きもありません。

<10分経過>
テーブル席の3名のそばが登場。
それまでそのテーブルに流れていた重苦しい空気が緩み、
こちらまでなんだかホッとします。

<15分経過>
小上がりの女性二人のそば登場。
やれやれ。

<20分経過>
後ろのテーブルの中年カップルのそばが登場。
よしよし…と思ったんですが、この後動きがピタリと止まりました。

<25分経過>
何の動きもなし。
だんだん不安になってきます。
本を読んでいたんですが、
文字を目で追うも内容がさっぱり頭に入ってきません。

<30分経過>
ついに時刻は1時40分を過ぎました。
ある程度、覚悟していたとはいえさすがに焦りが出てきます。
まだ、前に二人いますからね。
1時45分まで待ってこなかったら、
申し訳ないけど断って店を出よう、
お金は払っても構わん…そう腹をくくったとき…
ついに出てきたのです。私のせいろが。
あれ、先にいた小上がりの2人は…と思ってたら続いて出てきました。
3人分一緒だったみたいです。

時刻は1時41分。
登場したのがこちらの「せいろそば」。

konjyaku5

なんですか。
透き通るように白くてツヤツヤのそばは!
超美人、まるで天女じゃないですか。

konjyaku6

そしてこの美人、コシがあって喉越しがいい。
辛めのつゆにしっかり絡めていただきます。
わさびもしっかり利きますね。
そば湯はこんな鉄瓶で供されます。

konjyaku7

辛めのつゆに注ぐと、つゆの香りが引き立ってゴクゴク飲みたいレベル。

そして食べ終わったのが1時48分。
待ち合わせまでまだ10分ちょいあります。
間一髪セーフ。
久しぶりにヒヤヒヤドキドキ、
スリリングな時間を過ごさせていただきました。

後で調べてわかったんですが、天ぷら類もうまいそうですね。
ただ時間がかかりそうなんでせいろにして正解でした。
また行くとしたら、その後に予定がない時に行くべきですね。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:栃木県小山市駅東通り1-5-5
◎交通手段:小山駅から徒歩3分
◎営業時間:11:30~19:20
◎定休日:木曜

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告