【HDR写真】勝浦・尾名浦のメガネ岩×単焦点レンズ×5枚撮影×HDR×絵画風

勝浦湾の西側にある尾名浦。
ここに海蝕と風化によってできた自然の洞があります。
その形から「メガネ岩」と呼ばれています。

ここには大漁の神、稲荷神が古くから祀られており、
初漁の生魚を供えて大漁を祈願する風習が
今も残されているそうです。

今回もHDR化後にTopaz Adjustで絵画風に加工。

IMGP3831_2_3_4_5_tonemapped5

IMGP3881_2_3_4_5_tonemapped5

IMGP3871_2_3_4_5_tonemapped5

IMGP3826_27_28_29_30_tonemapped5

<地図>

<Photomatixの設定>
■方式:トーンマッピング(コントラスト最適化) ■強さ:50~70 ■トーン圧縮:0.0 ■光の効果:50 ■ホワイトクリップ:5.0 ■ブラッククリップ:5.0 ■中間トーン:0.0 ■彩度:0.0 ■色温度:0.0

<撮影日時・場所>
2016年5月8日 15:15ごろ
千葉県勝浦市

<使用機材・ソフト>
Pentax K-5IIs/FA31mmF1.8AL Limited
5Shot Jpeg→Photomatix Pro 5.1.2→Photoshop→Topaz Adjust5

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告