【週間日記】2016年5月29日(日)~6月4日(土)

<前週はこちら>

<前週はこちら> 2016年5月22日(日)銭函駅で下車して海を見る 午前中、北海道大学を見学。広大な敷地に圧倒されクラーク...

5月29日(日)新ノートPC到着

朝、ニュースサイトの記事で「少女椿」が上映開始になっていたことを思い出す。上映しているシネマート新宿のサイトで上映時間を調べてみると17:30~と21:25~。新宿はあまり好きじゃないし、この時間は酒場に行くんでダメ。6月11日からやる下北のトリウッドは15時~の回があるからそっちかな…と思う。だいたい見たいと思う映画はレイトショーの場合が多く「土日は混むからイヤで、夜は酒場に行くからダメ」となることが多い。2月~3月にかけてやっていた山口監督の「血まみれスケバンチェーンソー 」もそれで見逃してしまった。我ながら勝手なもんだが、映画館が苦戦している背景には人それぞれのそんな些細な理由があるのだろう。朝9時過ぎに昨日オーダーしたノートPC到着。早い。仕事もあるのにセットアップ作業を始めてしまう。Photoshopをインストールする際にダウンロードに時間がかかり、やや苦戦するも、クラウドのおかげで以前に比べて随分と楽になった。午後6時過ぎに出かけ「大山飛車角」でキンミヤ酎ハイ。

5-29

今回は「大山飛車角」をご紹介します。 場所は遊座大山商店街の山手通り沿い 場所は遊座大山商店街のはじっこの山手通り沿い。 三田...

5月30日(月)山手線電車内の謎の三人組

新ノートPCの設定。本日は無線でのプリンタ接続など。午後4時過ぎに家を出て、小雨降る中酒場へ。途中、山手線の中でノートPCにiPhoneを接続し何か作業をしている中年男性が3人並んで座っていて少し不気味だった。いや、電車の中でノートPCを広げているのが不気味なのではなく、シャツにジーンズ姿で30代後半ぐらいの3人が同じようなシルバーメタリックのノートPCを膝の上に置き、同じiPhoneをつなげておそらく同じ作業をしているのが不気味だった。そのうち二人は時々言葉を交わしていた。「名古屋の時も…」「この時間は席がとれない」といった断片的な言葉が聞きとれただけで意味はつかめなかった。一体彼らは何をやっていたのだろう。5時過ぎに酒場の引き戸を開けると先客は4人。うち知った顔が二人。これが実に微妙な位置関係で座っており、一瞬どこに座ろうか迷う。結局、奥のカウンター手前から3番目に。テレビではシブ5時をやっていて、ハリー杉山が新宿のデパートで開かれている大学の研究室などが作ったブランド食品を集めたイベントをレポート。帰りの電車が混んでいて参った。帰ってから録画しておいたロンハー。渡辺直美やゆいPの病的なまでの食べっぷりに驚く。

5-30-23

5月31日(火)「輝くか、狂うか」

終日自宅。テレビ東京で朝8時15分からやっている韓ドラ「輝くか、狂うか」にはまりそう。なんせチャン・ヒョクがカッコ良すぎ。本格時代劇風で韓ドラお得意の男装女子モノの要素&ただの薄汚い一般庶民だと思っていたが実は皇帝の息子という権力者だったという「水戸黄門」もしくは「遠山の金さん」的な要素が入っているのがポイント。ただチャン・ヒョクの異母弟役で「おバカちゃん注意報」のジュンス(イム・ジュファン)が、ヅラが似合わなくて、なんとなく京本政樹を思い出させる仕上がりとなっているのが残念だ。夜11時前、仕事を終えて札幌・すすき野のイトーヨーカドーで購入した「札幌 すすきのビール ピルスナー」。その名の通りすすき野の地ビール。北海道の海洋深層水仕込みがウリ。グラスに注ぐと色は透き通った中にうっすらと濁りがある明るい黄金色。飲むとほんのりとしたコクと苦味があって喉越しがいい。缶のデザインはイマイチだったが買っておいて良かった。飲みながら先日歩いた札幌の街をGoogleのストリートビューでチェック。

IMGP6572_2

6月1日(水)ぼっち飯を目撃

午後1時から新宿の大久保寄りで仕事。約束まで少し時間があったのでJR大久保付近を歩く。南口から小滝橋通りに抜ける200メートルぐらいの道沿いには味がある酒場がいくつかあって面白い。ちょうど昼時だったが駐車場で地べたに座り、コンビニ弁当を一人で黙々と食べている若者と、別の駐車場では片隅に捨てられたベッド用クッションに座ってこれまたコンビニ弁当を一人で食べている若者(いずれも男性)を発見。違和感を感じたが、最近ではトイレで弁当を食べる人もいると聞くのでこれぐらいで別に驚くことでもないか。たぶん群れるより一人が好きなんだろうし。どこかで自分も昼食をと思ったが、良さそうな店は黄色いストラップをクビからぶら下げたこの辺りの専門学校の生徒さんだらけで混んでいてやめる。しばらくぶらぶらして、この付近で一番気になったのが「瀧元」という大衆酒場。仕事を終えた後、JRと地下鉄で三ノ輪に移動。マクドナルドでしばらく原稿書き。ここの3階は比較的静かで落ち着く。新しいノートPCは本日が初出動。小型軽量なのはいいが、キーボードが小さくてタイピングがしづらい。このあたりは二律背反、トレードオフなんで慣れるしかない。5時半頃に土手通り、いろは会商店街のアーケードを通って酒場。先客は4人いたが、いずれもここの礼儀をわきまえた方たちで静かな時間を過ごす。開け放たれた窓から流れてくる風が気持ちいい。いつも通りの酎ハイ4杯で1時間ほど。外に出たらスカイツリーが夕陽に染まっていた。

6-1-2_2

6月2日(木)茅ヶ崎上空を舞う巨大生物?

4時半過ぎに家を出て酒場へ。途中、日暮里駅で常磐線の下り電車が15分遅れということでホームで待つ。後でニュースで見たのだが、東海道線の茅ヶ崎駅付近で漁に使う50メートルほどもある網が電車に絡まって運転を見合わせた影響だったらしい。海岸に干してあった網が強風で飛んできたようだ。茅ヶ崎の青空に大きな網が巨大な生き物のように浮遊しているシーンが思い浮かぶ。少し前だったら常磐線は全部上野発だったので、東海道線の影響など受けることがなかったが、今は品川まで伸びているためそんなことも起こるのだな。おかげで読んでいた楠木建の「戦略読書日記<本質を抉りだす思考のセンス>」を大幅に読み進めることができた。途中特急の通過を経てかれこれ20分ぐらい待った後、ようやく来た電車をやり過ごす。次の電車はすぐ後に来るとアナウンスされているのに、何ですし詰めの電車に無理矢理乗り込む人が多いのかな。その数分後に来た次の電車に乗る。6時頃、酒場の暖簾をくぐって引き戸を開けると先客はおらず、大将は奥カウンターの一番手前の席で休憩中。私を見てすっと腰を上げ、自分が座っていたイスと隣のイスとをさりげなく入れ替えてから、酎ハイの準備を始める。大将が座っていた席は私のお気に入りの席で、空いていれば必ず私が座ることを知っているのだ。自分が座って暖まったイスではなく、客には誰も座っていなかったイスに座って欲しいという配慮。一息ついて店内を見渡すと、いつも洗い物が置いてある場所に何枚か皿が重ねてあるので、ちょうど一段落着いた時だったのだろう。店に一人というのはとても落ち着く。お通しはニラのおひたし。酎ハイ4杯にわらびのおひたし、イワシの酢の物、キンピラ、エシャレットとここまでいつもの流れで来て、気分が良かったのでチーズも頼んで白菜の朝鮮漬けで締める。後から1人客と2人連れが来たがうるさくもなく、いい1時間が過ごせた。7時過ぎに店を出るとまだ明るい。毎日どんどん日が延びていく。

6-2-23

6月3日(金)老いも若きも政府も企業もKPPに夢中

5時半ごろに酒場。先客は3名。奥のカウンターには人がいなかったのでいつもの席に。テレビではNHK「シブ5時」をやっており、ちょうど「きゃりーぱみゅぱみゅ(KPP)特集」が始まったところだった。記憶を頼りに振り返ると…。きゃりーは日本の「‎Kawaii」の象徴。欧米でも人気。きゃりーと同じ格好をする外人へのインタビュー。「KYARY PAMYU PAMYUハ、ワタシノアイコンデェ~ス!」的なコメント。政府もクールジャパン絡みで注目。CMにも引っ張りだこ。明日(6月4日)からはきゃりー電車も走る。子供にも人気。そのヒミツは子供にも踊りやすい歌の振り付け。ライブでは振り付けをみんなにレクチャーするコーナーもある。母子で応援している人も多い。子供にきゃりーの衣装を完コピした服をつくっている母親登場。それを着せてきゃりーのライブに一緒に行くそうだ。「きゃりーのおかげで子供とのコミュニケーションが増えました」といった感じのコメント。高齢者にも人気。巣鴨でのインタビュー。「かわいいねぇ~」と目を細めるおばあちゃんたち。さらにきゃりーはTwitterの先駆者で2010年11月から始めている(ちなみに私は2009年6月から。ただしフォロワー数はきゃりーの429万人強に対し、私は1人!)。きゃりーはホンネもがんがん書く。炎上もいとわない。「(ネガティブコメントに)最初はいちいちめげていましたが、今では鋼の心になりました」という本人の健気なコメントが続く。なんかNHKらしい構成・編集だが、まるで先日発売されたベストアルバムのプロモーションじゃないか。まあ、いいけど。こうやって私も含めて国民は洗脳されていくんだな。そう言えば、先輩アナウンサーが後輩に「きゃりーぱみゅぱみゅ」を含んだ早口言葉を言わせ、うまく言えないのを見て笑うという公開パワハラも…。おい、若いの!「ぱ」に力を入れればいいんだよ、「ぱ」に、大きな組織にいればつらいこともあると思うが負けずに精進するんだぞ、と心の中で若手アナウンサーにエールを送る。と、覚えているのはこの辺までで、その後は酔いが回ってきたので記憶がない。定量の酎ハイ4杯を飲んで、6時半過ぎに店を後にする。まだ明るい。そう言えば最近ライトアップした東京スカイツリーは見ていないな。酒場からの帰りの電車の中では、酔っ払っているので本を読んでも頭に入ってこないから、最近はInstagramばかり見ている。で、世界のどこの誰が撮影したのかもわからない写真を見て、直感的にハートマークをつけまくっている。割と楽しい。

6-3_2

6月4日(土)梅雨入り間近

朝、ニュースサイトで見たここに出ているジュリワタイというフォトグラファーの写真が結構カッコイイと思い、興味を持つ。童顔で見たところ20代半ばぐらいなのかと思っていたが、その後見たこの人のインタビュー動画で「自分の体は素材」「正直焦りがある」「いつまでも若い人って存在しない」「自分の写真をいっぱい撮って素材をたくさん残しておいて、それを死ぬまでパソコンの上でもてあそんで新しいモノを創り続けたい」という言葉に、あれ?この人はいくつだろうという疑問が。そしてさらにググッてみると年齢は…、まあ写真がカッコいいんだから年なんてどうでもいいや。夜は中板橋の「山喜多」に。ここ数週間、店をのぞくと満員っぽかったので行かなかったが、今日はカウンターが空いていた。スマホで撮影した写真を頼りにさかのぼってみると、前回ここに来たのは4月23日。えっ、そんなに経ってたっけ、という感じ。キンミヤのボトルが入れてあったのも忘れていた。いつも頼む塩昆布キャベツのキャベツがシャキシャキしていて、北海道で食べたキャベツ並にうまかった。明日あたり関東地方も梅雨入りするそうだ。

6-4

今回は中板橋の「もつ焼 山喜多」をご紹介します。 中板橋駅から徒歩3分 場所は東武東上線「中板橋駅」北口から徒歩3分。酒屋さんカクヤスの...

<次週はこちら>

<前週はこちら> 6月5日(日)梅雨入り 朝から小雨模様で予報通り梅雨入り。と思っていたら午後から空が明るくなってきて、夕方...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告