【メシ屋&酒場紹介/昼間から飲める店】創業60年以上の歴史を誇る小樽の老舗ビアホール!「ニュー三幸 本店」

今回は北海道小樽の「ニュー三幸 本店」をご紹介します。

sanko1-22

場所は小樽駅から徒歩約7分。サンモール一番街というアーケード街の中程にあります。
創業1954年ということですから、もう60年以上の歴史を誇る小樽のビアホール。
店は4階建てとなって、1階がビヤホールSANKO、2階がきょうど料理三幸、
3階が和室宴会場、4階がパーティ・イベント・ブライダル会場と、超大箱。

こちらは正面入口を入ってすぐビアホールの入口。

sanko6-22

その横にはメニューのサンプルが。なんかゴージャス!
昔ながらの洋食から、ジンギスカン、小樽名物・あんかけ焼きそばまで実に多彩です。

sanko7-22

店内には適度な間隔でテーブルが並んでいて、
大きめの窓からは日光がたっぷり差し込んでいます。
窓際のお客さんたちはすでにゴキゲンで、盛り上がっておられました。

sanko8-22

まずはビール。もちろんサッポロです。

sanko2

SANKO彩りサラダはとても色鮮やか。
トマト、パプリカ、レタス、ヤングコーン、ブロッコリー、
カボチャ、ナス、ズッキーニ、それから生ハムとキウイも入っています。

sanko3

鰊のマリネ。
この皿と盛り付け、それにレモン、紫タマネギ、プチトマトの色合いが絶妙。
シメサバをはじめとする青魚の酢の物好きにはたまらない!

sanko4

広々とした空間で味わうビールは格別です。
つまみは味はもちろんですが、
盛り付けや彩りがとても凝っていて目でも楽しめます。
時刻は午後4時過ぎという中途半端な時間だったので、
お客さんもまだ数組しかおらず、
ゆったりと贅沢な時間を過ごすことができました。

<地図>

<店舗データ>
◎住所: 北海道小樽市稲穂1-3-6
◎交通手段:「小樽駅」から徒歩7分
◎営業時間:11:30~21:30/夏季営業時間
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告