【立ち食いそば】ツルツル輝くコシのあるクオリティの高いそば!板橋区常盤台「ときわ朝日」

今回は板橋区常盤台の「ときわ朝日」をご紹介します。

DSC_0259_2

場所は東武東上線「ときわ台駅」南口を出てすぐに左側に行き、100メートル弱行った場所。上の写真のように店頭にはメニューの写真がところ狭しと並べられており、入口しか見えない状態。ここで目についたのが天ぷらの種類の豊富さ。通常のかき揚げをはじめ、ごぼう、タマネギ、インゲン、まいたけ、春菊、桜エビ、魚肉ソーセージなど、バラエティ豊か。オーソドックスのかき揚げか舞茸天だなと思いながら引き戸を開けて店内に入ります。

店内はカウンターのみで全てがイス席で13席。入って正面に注文カウンターがあるので、ここで親父さんに口頭でオーダーをするシステム。「冷やしまいたけ天そば」と言おうとすると、親父さんが「すいません。今日は天ぷらの鍋が壊れちゃって天ぷらができないんですよ」と本当に申し訳なさそうにおっしゃいます。見るとカウンター横の天ぷらを揚げ置きするはずのショーケースには天ぷら類は一切なし。「コロッケしかないんですよ」と。なんか誠意を感じられる言葉なんで、私もすぐに納得し「冷やしそばにコロッケ」をオーダー。

DSC_0253-2

注文カウンターの下にある給水器でカップに水を入れ、席で待ちます。あたらめて店内を見ると、カウンターは低めで、ところどころ板で仕切ってあって、どなたかが食べログに書いておられたように図書館の「自習室」を思わせるつくり。お得なセットメニューの大きなポスターが目を引きますが、「うどん」をはじめ「野菜かき揚げ天丼」「麻婆ライス」「ハヤシライス」など結構多くメニューの写真に「品切れです」という紙が貼ってあります。入口を入ってすぐ右横には雑誌や漫画類が並んでいます。

DSC_0258_2

壁にはメニューの他にメッセージ的なことが書かれた貼り紙もあります。「医食同源」とか「中華スープは化学調味料を一切使用していません」とか「内臓疾患にかかりにくくする為に食物繊維を!」とか、健康志向的なものが多いみたいですね。

DSC_0252_2

4~5分で出てきたのがこちら。冷やしコロッケそば(400円)。コロッケに加えて、天かすとネギがトッピングされています。天ぷらはダメだったものの、天かすはあったんですね。

DSC_0255_2

上からのショット。

DSC_0256_2

特筆すべきはそば。ツルツルと輝いていて美しく、コシがあって喉越しもいい。これはクオリティ高いです。つゆは心持ち甘めですが、尖ったところがなくて優しい味。コロッケは普通ですが、これにまいたけ天なんかがあれば最高だったかも。あとこの店の特徴と言ったら、ここの親父さんの人柄ですね。私の前に20代後半の会社員風の方がそばとカレーライスのセットを食べており、完食後食器を返却に行ったのですが、それを見て「きれいに食べてくれてありがとうね」と一言。私も返却時に再度天ぷらがなかったことをお詫びされたのですが、かえってこっちが恐縮するぐらいの言い方だったので思わず「全然大丈夫です。また来ますから!」と言って出てきました。その言葉通り、近くまた天ぷらを味わいに来ることを心に誓って帰途についたのでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4(気に入った!)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区南常盤台1-30-22
◎交通手段:東武東上線「ときわ台駅」南口から徒歩1分
◎営業時間:7:00~21:00(通常営業は11時から)
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告