【立ち食いそば】かき揚げ、丼物のメニューも豊富。蕨「蕎麦樹 (そばき)」

今回は蕨市の「蕎麦樹」をご紹介します。

itsuki8-22

場所は京浜東北線「蕨駅」西口。ロータリー沿いにあり、出口から歩いて1分弱。駅の階段を降りたらそのままコージーコーナー、日高屋、ニューデイズなどの前を通って4~50メートル直進。突き当たりを左に曲がって交番の前を通過し約30メートルの角っこにあります。看板には「樹」という文字が大きく書かれているので「いつき」という店名かと思ってましたが、「蕎麦樹(そばき)」というのが正式な店名。お店の入口左が持ち帰りカウンターになっています。そこのメニューを見ると、ぶたかき揚げ、海老かき揚げ、メガかき揚げが名物らしい。天丼、かつ丼、親子丼、カレー丼など丼物のメニューも豊富です。

自動食券販売機はなく、店に入ったすぐ左手にある注文カウンターで店員さんに口頭で注文するシステム。もりそばが390円と路面店にしてはやや高めの設定です。店内は1階にキャパ3~4人ぐらいの立ち食いカウンターがあり、2階はイス付きのカウンターとテーブル席。もちろん1階で食べてもいいのですが、2階に行く場合は店員さんが出来上がりを持ってきてくれるということなので注文後、2階に行くことに。階段はけっこう急で手すりを使いながら昇ります。で、こちらが2階カウンター席。

itsuki2-22

奥はテーブル席となっています。

itsuki5-22

壁にはレトロっぽい写真がびっしり隙間なく貼られています。特に目をひくのはアントニオ猪木とストロング小林の写っている月刊ゴングの表紙。国際プロレスファンだった私は、当時ストロング小林を応援していた少数派。

itsuki1

カウンターには水とそば湯が常備されています。

itsuki4

5分ほどで持ってきていただいたのがこちら。

itsuki6

今回は肉そば 玉子入り(670円)を注文。通常はシンプルなそばを頼むことが多いんですが、今回はなぜかガッツリメニューを選んでしまいました。豚肉、水菜、鶏ささみ、ネギ、ワカメ、そして生玉子がトッピングされています。

itsuki7

肉は甘辛く濃い目の味付け。その煮汁がつゆに混ざっていて全体的に甘めですね。そばはしっかりとコシがある正当派。押し出し製麺機によるものでしょうか。まずはそのまま食べ進め、途中から玉子を溶かせば味の変化も楽しめます。今度はシンプルなそばとかき揚げをいただきましょう。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(良かった)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:埼玉県蕨市中央1-30-3
◎交通手段:JR京浜東北線「蕨駅」から徒歩1分
◎営業時間:[月~金] 11:00~14:00 16:00~売切次第終了 [土・祝] 11:00~売切次第終了
◎定休日:日曜日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告