【立ち食いそば】半蔵門「あさひ」490円の「冷きつねそば」は、でっかい揚げと多彩なトッピングでそばが見えないくらい。

今回は半蔵門の「あさひ」をご紹介します。

asahi2-22

場所は東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」1番出口を出て右手に進み3分ほど坂を下ったところ。茶色のビルの1階、コーヒー店の隣です。緑色の看板と割烹着を着たお母さんのような手作り風の人形が目印。2015年9月14日開店ということですから、比較的新しい店です。

asahi1-22

店内は左側が立ち食いカウンター、右側がイス付きカウンター、中央に立ち食いカウンターとなっています。入口すぐ正面にある自動食券販売機でチケットを買って、奥の厨房前の注文カウンターで注文するシステム。メニューは一般的なそば・うどんの他、ご飯ものが充実しているのが特徴です。立ち食いそばと名乗りながら、カツ丼、親子丼、牛とじ丼、カレーライス、とろろ丼、とんかつ定食、アジフライ定食など実に多彩で、定食屋としても十分なメニュー。

asahi6-22

注文して待つこと4分で出てきたのがこちら。冷きつねそば(490円)。

asahi5

私の「冷やしきつねそば」の価格の相場は400円~420円なので、490円というのはやや高めの価格設定だなと思っていましたが、この大きな揚げとたっぷりのカマボコ、ワカメ、カイワレ、ネギなど多彩なトッピングを見て納得。そばがほとんど見えません。

asahi4

そばリフト。やや白くつやがあります。虎ノ門の峠そば、人形町の福そばなど、多くの立ち食いそばの名店のそばを手がける世田谷の「むらめん株式会社」の生そばらしいです。

asahi3

今回は人形町の「福そば」をご紹介します。 人形町界隈は前回紹介した「きうち」をはじめ、 小諸そば、富士そばといった大手チェー...

そばはしっかりコシがあり、喉越しもいいです。大きな揚げは甘めの味付け。カマボコは普通はアクセント程度なんですが、ここでは結構な量で存在感があります。そしてカイワレとワカメはさっぱり。つゆも冷やしですがしっかりと出汁の香りを感じ、クオリティの高い一杯です。ごちそうさまでした。ただ気になるのが、この店から徒歩4分ぐらいにある「おそば天かめ 平河町店」というお店の存在。同じ「かき揚げそば」でも120円の差は結構大きいかなと。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4(気に入った!)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区平河町1-8-8 1F
◎交通手段:東京メトロ「半蔵門駅」より徒歩3分
◎営業時間:[月~土]7:00~21:00 [祝日]11:00~15:00
◎定休日:日曜日

<近所の店>

今回は「おそば天かめ 平河町店」をご紹介します。 場所は東京メトロ半蔵門線「半蔵門線」1番出口から徒歩1分。出口を出て直進して...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告