【メシ屋&酒場紹介/昼間から飲める店】神戸・新開地「赤ひげ 姉妹店」開店は10時59分!活気溢れる人気店。

兵庫県神戸市の新開地にある「赤ひげ 姉妹店」は、10時59分開店の昼間から飲める店。早い時間から地元のお客さんで大賑わいの繁盛店です。

akahige1-23

場所は阪急・阪神・神戸電鉄の「新開地駅」の3号出入口(ラウンドワンのあるビルの前)から出て、そのまま新開地2アーケード商店街を湊川公園方面に1分ぐらい行ったところ。間口は狭いですが、横はこんな感じになっていて結構奥が深いつくりになっています。

akahige2-23

店内に入ると入口から奥に向かって厨房を囲む長いカウンター。その後ろの壁際にもカウンター。一番奥のスペースがテーブル席になっています。壁には赤フチや黄色の短冊に筆文字で書かれた派手なメニューが壁一面にズラリと貼られており、壮観。私は8月中旬の午後4時半ぐらいに入店したのですがほぼ満員。刺身や枝豆などが作り置きされて並べられている陳列ケースの前のカウンター席にかろうじて滑り込みました。客層は中高年男性を中心に、女性や若い人も。グループ客・一人客とバラエティも豊か。フロアにはお姉さんが数人巡回されていて、あちこちでオーダーを受けて厨房に伝える声が店内に響き渡っています。

飲み物は瓶ビール・大450円、生ビール・大750円、チューハイ・レモン270円、チューハイ・ライム290円、焼酎(ロック・湯割、水割)290円。私はチューハイ・レモンを注文。プレーンの酎ハイを置く店が少ない関西ではこれに決めています。

つまみは、焼鳥、刺身、関東煮、手羽唐、ポテトフライ、シューマイなど豊富。その中からまずはきずしを注文。レモンスライスが付いています。軽く絞ってからスライスをレモンチューハイに追加投入。

akahige4

そして、目の前の陳列ケースから目についた「きんぴら」。

akahige3

この日は帰りの電車の時間があったのでチューハイ・レモン2杯につまみは上の二品でお勘定。1000円行きませんでした。ちなみに本店もすぐ近く。ラウンドワンのビル前の横断歩道を渡ったアーケード出口横にあります。ただし、こちらはこの姉妹店と違って開店は午前11時なので注意…!?

<地図>

<店舗データ>
◎住所:兵庫県神戸市兵庫区新開地2-7-17
◎交通手段:各線「新開地駅」から徒歩1分
◎営業時間:10:59~23:01
◎定休日:水曜日

<近くのこんなお店も紹介しています>

昼間から飲める店シリーズ。今回紹介するのは神戸・新開地の「高田屋 京店」です。 神戸・新開地を代表する名酒場 神戸というと元町と...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告