【袋麺】「冷凍 日清古奈屋 カレーうどん」クリーミーでスパイシーなカレースープがクセになる!

東京・巣鴨に本店を構えるカレーうどんの人気店「古奈屋」の味を再現した「冷凍 日清古奈屋 カレーうどん」。名店の味を手軽に家庭で楽しめる商品です。

imgp5189_2

行列のできる人気店「古奈屋」が監修した本格派!

パッケージ裏面には、この商品を監修した「古奈屋」のご主人・戸川貞一さんのメッセージがプリントされています。

「古奈屋」は昭和58年に、巣鴨のとげぬき地蔵尊脇で誕生したカレーうどん専門店です。「クリーミー」かつ「スパイシー」なスープとこしのある麺の絶妙な味わいをお楽しみください。

昭和58年(1983年)というと私が就職した年! もう33年も経つんですね。

imgp5204_2

さっそく作ってみる。

この商品、冷凍食品なのに鍋調理専用で電子レンジの調理はできません。まずはパッケージの中に入っている「具・カレー付めん」を取り出します。

imgp5209_2

そして中身を袋から取り出して、カレールーの方を上にして鍋の沸騰したお湯の中にポチャリと投入。めんをほぐしながら5分ほど茹で、どんぶりに盛り付ければ出来上がりです。豚肉、かまぼこ、きざみ揚げ、ねぎは商品に入っています。一味は自分で用意して振りかけました。

imgp5225_2

しっかりとコシがあるうどん。カレースープが絡んでほんのり黄色に染まっています。

imgp5240_2

さて感想は。

この商品の特徴は何といってもクリーミーなスープですね。やや白っぽい黄色というその色のせいで、食べる前はどうしてもマイルドで甘めの味を想像してしまいます。ところが一口飲むとピリッと辛く、予想以上のスパイシーさ。そのスープがうどんにしっかりと絡みます。そして具の中でいい仕事をしているのがきざみ揚げ。食べると口の中でタップリと吸ったスープが広がっていきます。最後のスープを飲み干した途端「また食べたい!」と思えるクセになる一杯。実際クセになっていて、私は1ヶ月に1回はこの商品をいただいています。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4.5(かなり気に入った!)

<商品データ>
◎価格:オープンプライス
◎内容量:332g(麺200g)
◎カロリー:474kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告