【立ち食いそば】池袋「大黒そば」。この店オリジナルの「春菊天そば」は、春菊好きに絶対おすすめ!

大黒そば」は、池袋西口で長年愛されている立ち食いそば店です。

daikoku5

場所は池袋西口から徒歩3~5分。池袋芸術劇場がある西口公園のすぐ先にあります。池袋の地下道からも行くことができ、この1bという出口を出てすぐ右折し、50メートルほど行ったところ。途中に前はマクドナルドがあったんですが、今はセブンイレブンになっています。

daikoku6-22

店の入口横にはこのようにメニューが掲げられています。基本のかけそばは300円。

daikoku4-22

店内は右側に厨房を囲むLを天地逆さまにしたような形の注文兼立ち食いカウンター。左の壁際に7席の椅子付きカウンター。奥の壁際に5席のカウンターとなっています。

自動券売機はありません。入って店の中程にある注文カウンターまで進み、口頭で担当のお母さんにオーダーするシステム。その手前、入ってすぐの天ぷらの揚げ置きがしてあるケースの後ろにご主人がいらっしゃって、思わずオーダーしそうになるんですが、言葉を発しそうになると「注文は奥で!」と促されます。注文後、その場で精算するとお母さんから「座って待っておいて下さい」と言われます。このお店、生そばを注文後に茹でるんですね。

この日は入口すぐのカウンターに腰をおろして待つことに。目の前を見るとこのように七味唐辛子はケチャップを入れるような大きな容器に入っています。

daikoku3

およそ3分後、お母さんに「春菊天そばの方ぁ~」と呼ばれ、出てきたのがこちら。
「春菊天そば」(400円)…
えっ?これが春菊天?思っていたのとビジュアルが全然違うんですけど………。

daikoku1

気を取り直して真上からも撮影。イメージしていたのは鮮やかな緑色の春菊天。でもこれ黒っぽくて、なんか海藻みたい。それも厚みのない丸いカタマリがそばの上に浮いているだけで、ちっとも天ぷらに見えませんけど。これって何かの間違いじゃないですか??

daikoku2

何年か前にこの春菊天そばを最初に見たときにそう思いました。でも実はこれ、間違いでも何でもなく、この店オリジナルの春菊天そばなんです。この黒っぽいカタマリをつゆに沈めてかき混ぜてドロドロにして食るのがこの店の春菊天そばの流儀。この見た目、あまりうまそうじゃないと普通思いますよね。それがそばと一緒に食べると、うす~く表面をおおっている衣のおかげでつゆが絡んで春菊独自の苦みが口の中に広がって実にいいんです。ちょうど鍋料理でつゆがたっぷり染みてクタクタになった春菊を食べている感じ。春菊好きにはたまりません。春菊はそれほど好きじゃないという方にはボリュームタップリの「げそかき揚げ天」か、「えびかき揚げ天」がおすすめ。そばは生そばの茹でたて。つゆは黒っぽい東京風ですが見た目ほど塩っぱくありません。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都豊島区西池袋3-26-6
◎交通手段:「池袋駅」西側の南口出て徒歩3分
◎営業時間:6:30~16:00 ※土曜のみ18時頃まで営業
◎定休日:日曜・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告