【居酒屋紹介/昼間から飲める店】板橋「筑前屋 板橋店」土日祝は午後2時、平日は午後4時から飲める焼きとん店!

板橋「筑前屋 板橋店」は平日は午後4時、土日祝は午後2時から飲める店。備長炭で焼いた焼きとんが目玉です。

chikuzen1

首都圏を中心に全国に約40店舗を展開するチェーン店

筑前屋は「本物のやきとん」をウリに、首都圏を中心として全国に約40店舗を展開している居酒屋チェーン。この板橋店はもともと焼き肉店「名月館」があったところに2015年10月6日にオープンしました。場所はJR埼京線「板橋駅」西口のロータリーに面していて、改札からは徒歩1分もかかりません。毛筆風の「越前屋」という店名が書いてある白の看板と提灯が目印です。

店はビルの1階と2階。1階は入口を入ってすぐ左にテーブル席、その奥にカウンターとテーブル席があります。入店したのが祝日の午後3時過ぎでしたが、家族連れ、カップル、女性2人組などで賑わっていました。

数量限定で「タカラモダン」の600mlボトルが980円

メニューはやきとんをはじめ、やきとり、野菜焼き、一品料理、揚げ物、牛もつ鍋など多彩。看板メニューの備長炭焼きの和豚やきとんはハツとガツが1本100円、レバー・しろが1本120円、かしら、ハラミ、豚バラなどが1本150円など。

ドリンクは酎ハイが380円、ビールはアサヒでスーパードライの生中ジョッキ480円、中瓶が580円。この日はおススメとして宝焼酎の「タカラモダン」600ml飲みきりボトルが通常1300円のところ、特価の980円だったのでそれを頼むことに。

chikuzen3

そして炭酸と氷もオーダーし、酎ハイにして飲みます。この焼酎、2016年9月20日に発売になったようですが、すっきりとしていてほのかな甘みがありますね。

chikuzen2

つまみは私の定番「特製キャベツ盛り(塩昆布)」(280円)。

chikuzen4

イカゲソ揚げ(380円)。

chikuzen6

豚バラは1本150円。脂身がうまい!

chikuzen5

ハラミも1本150円。

chikuzen7

板橋駅附近ではおすすめ!

入店後も男性二人組など次々とお客さんが入って来て賑わっていました。焼きとんはまずまずですし、今回は「タカラモダン」のボトルが980円と格安で飲めたので満足です。何よりこの辺りで休日午後2時からやっているのはありがたい!板橋駅附近ではおすすめです。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区板橋1-16-9 明月館 1F・2F
◎交通手段:JR埼京線「板橋駅」西口下車徒歩1分
都営三田線「新板橋駅」A2出口下車徒歩5分
◎営業時間:[月~金]16:00~23:30 [土日祝]14:00~23:30
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告