【袋麺】マルちゃん「ニッポンのうまい!ラーメン 名古屋 台湾ラーメン」味仙の台湾ラーメンに比べると辛さはややマイルド?

マルちゃん「ニッポンのうまい!ラーメン 名古屋 台湾ラーメン」は、ラー油をきかせた真っ赤で辛ウマのスープで人気の名古屋メシ「台湾ラーメン」を再現したチルド麺です。

imgp8485_2

ご当地ラーメンを地元の人と協力して再現

この商品はマルちゃんの「ニッポンのうまい!ラーメンプロジェクト」シリーズの一つ。これは日本各地のご当地ラーメンを現地の人たちと協力しながら、全国に向けて発信し、ラーメンのおいしさを通して、地域とその土地の食文化を盛り上げていくプロジェクト。現在のところ「青森濃厚煮干し」「信州王様中華そば」「広島汁なし担々麺」「名古屋台湾ラーメン」「栃木佐野らーめん」「静岡藤枝朝ラーメン」の6種類が発売されています。

【袋麺】最後の一滴まで飲み干してしまう、煮干しの風味がガツンと利いたスープ。「ニッポンのうまい!ラーメン  青森濃厚煮干し 2人前」
今回はマルちゃんのチルド麺「ニッポンのうまい!ラーメン  青森濃厚煮干し 2人前」をご紹介します。 全国各地にご当地ラーメンが...

この「名古屋台湾ラーメン」は、名古屋のご当地ラーメンとして名高い「台湾ラーメン」をなごやめし普及促進協議会の監修のもと再現したもの。パッケージ裏に書いてある「おいしさのポイント」によると、“豚の旨みとラー油の辛さ、ニンニクの風味を利かせた真っ赤な旨辛スープが特徴”です。

imgp8500_2

「味仙」の台湾ラーメンが大好きで、名古屋に行ったら必ず店に足を運ぶ私としては期待が高まります。

【メシ屋&酒場紹介】名古屋を訪れたら、行くようにしている3店を紹介します。
仕事でほぼ2ヶ月に一度訪れる名古屋。時間があれば足を運ぶ3店を紹介します。 味仙 矢場店 まずこちらから。言わずと知れた元祖・台...

早速つくってみる。

袋には麺、液体スープ、レトルト具材が二つずつ入っています。

imgp8510_2

麺を熱湯で1分30秒ぐらい茹で、一方でどんぶりにお湯を入れ、レトルト調理品を袋のまま温めておきます。さらにフライパンに油をひき野菜を炒めたら、いったん火を止めて炒めた野菜の入ったフライパンにお湯と液体スープを投入。よく溶かしてから再び温めます。

さて感想は。

麺が茹で上がったら、お湯を切手どんぶりにあけ、スープと具、温めておいたレトルト調理品を乗せて出来上がり。いかにも辛そうな真っ赤なスープ!

imgp8535_2

麺は薄い黄色。

imgp8538_2

まずスープを一口。ラー油と唐辛子の辛さがありますが、思っていたよりもマイルドでツンとくることはありません。ニンニクの香りはさほど強くなくほんのりという感じ。そしてひき肉入りの辛味噌を溶かすと、コクが出て辛さはさらにマイルドになりました。「味仙」の思わずむせてしまう辛さを想像していたのですが、激辛というよりは普通の辛さ。もしかしたら野菜が多すぎたからかもしません。辛さはやや拍子抜けしましたが、ラーメン自体は満足いく一杯。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:480円(税抜き)
◎内容量 366g(めん110g×2)
◎カロリー:467kcal(1人前あたり)
◎発売日:2016年9月1日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告