【立ち食いそば】浦和「いろり庵きらく 浦和店」安定のクオリティ。移動の合間にサクッと食べられる便利な駅そば。

浦和「いろり庵きらく 浦和店」はJR系の日本レストランエンタプライズ(NRE)が運営する駅そばチェーンの一つ。安定したクオリティのそばがサクッといただける駅ナカのそば店です。

urawa1

JR駅附近に50店舗を展開する「いろり庵 きらく」

「いろり庵きらく」は現在、首都圏のJR駅構内もしくは駅の近くに50店舗を展開しています。このエントリーを書くためにNREのHPを見たのですが、ロケーションがいいので上野店をはじめ結構利用したことがある店がたくさんありますね。

この店はJR「浦和駅」構内。一番大きな改札口から入って正面に50メートルほどのところにあります。外観は「いろり庵きらく」共通のエンジ色がベースの看板が目印。リニューアルしてまだそんなに経っていないようで店内も店外もピカピカ(食べログによるとオープン日は2014年3月)。店の外の壁にはいろり庵きらく全店舗共通のメニューとおすすめメニューのポスターが掲げられています。

urawa2

左右に長いつくりになっていて入口は2ヶ所。いずれもそのすぐ横に自動券売機があります。最新のタッチパネル式になっていて、一番上にある青のタブで英語、中国語、韓国語に切り替えが可能!もちろんSuicaも使えます。価格は基本となるかけそば・うどんが290円、ざるそば・うどんが330円。ポピュラーなかき揚げそば・うどんが420円で、高くもなく安くもない一般的な立ち食いそば店の価格設定となっています。

urawa3

椅子ありのカウンター22席

まずは店外の自動券売機でチケットを購入して店内に入り、注文カウンターにオーダーします。店内はすべて椅子ありのカウンターで全部で22席。この日は昼時の12時20分頃でほぼ満員。次々にお客さんが入って来ていました。客層は移動中のビジネスマンを中心に、老若男女様々。混んでいるからかもしれませんが、一人当たりのスペースは比較的狭く、隣との距離がやや近い印象を受けました。そして約2分で出てきたのがこちらたぬきそば(370円)。日頃私はあまり頼まないメニューなんですが、チケット購入時に後ろに人が並んでしまい、せかされた気分になってとっさに手が伸びたのがこのメニューでした。

urawa5

上からのショット。

urawa6

天かすがいい感じで広がり、彩りはないもののなかなかのビジュアル。たぬきそばできれいだなぁと思うことなんてほとんどないんですけど、ネギとのバランスといい、作り手のセンスを感じます。

さて感想は。

味はいつもの「いろり庵きらく」のそば。そうとしか言いようがありません。やや柔らかめですがコシもあるそばと、カツオ出汁の利いたつゆで結構高いクオリティ。30年以上立ち食いそばを食べていますが、JR系の立ち食いそばに行く度に時代の流れを感じます。数十年前は手軽なだけで味は二の次だったのが、今ではどの店も均一で本格的な味になってきています。いいことなんでしょうけど、なんか寂しい。年を取った証拠ですね。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:埼玉県さいたま市浦和区高砂1 浦和駅改札内
◎交通手段:浦和駅改札内
◎営業時間:[月~金] 6:45~22:00 [土] 7:00~21:00 [日] 10:00~21:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告