【立ち食いそば】品川「常盤軒 横須賀線ホーム店」つゆを吸ってどんどんうまくなる!ゲソ入りのフワフワタイプのかき揚げ。

数多くのそば店があるJR品川駅。中でも一番“駅そば”らしさを感じるのが総武横須賀線(13・14番線)ホームにある「常盤軒 横須賀線ホーム店」です。

tokiwa-23

ホーム上に4店舗があるJR品川駅

JR品川駅にはホーム上だけで4店舗の立ち食いそば店があります。山手線ホーム大崎寄り(22号)、京浜東北線ホームの横浜寄り(23号)と中央寄り(24号)、そして総武横須賀線にあるのがこのお店(26号)。「常盤軒 そば処」と書かれた緑の暖簾が目印です。

dsc_0896-edit

店は厨房を取り囲むL字型のカウンターのみのオールスタンディング方式。キャパは8名程度。店の外にある自動券売機でチケットを購入し、店に入って店員さんに渡してオーダーするシステムです。値段はかけそば・うどんが310円、かき揚げそば・うどんが440円、カレーライス500円など。

この日はラッキーなことにLの長い方の一番はじっこという好位置をキープ。目の前にはコップ、割り箸、七味が置いてあり、その先にはカレーが入れてある鍋がありました。

tokiwa1

そこからカウンター内を見ると、年季の入った厨房。この写真には写っていませんが、どんぶりが置かれた棚の下には、丸山製麺と書かれた箱にそばが入れられています。

tokiwa2

唯一無二のゲソ入りかき揚げ

そして数分で出てきたのがこちら。かき揚げそば(440円)。

tokiwa3

上から。ご覧ください。このかき揚げの存在感!

tokiwa4

まず、かき揚げ。フワフワタイプで細かく刻んだゲソと小エビが入っているのが特徴です。かき揚げというと玉ねぎが主流ですがココのには入っていません。天ぷらというよりは、お好み焼きみたいな粉っぽいこのかき揚げが、時間が経つにつれてつゆを吸っていき、秒単位でうまくなっていきます。そばもフワフワ。ゆで麺でコシなんていう概念はありません。これが濃い目の関東風つゆに良く合います。立ち食いそばでもサクサクの揚げたてかき揚げが主流になりつつある現在、“駅の立ち食いそばはかくあるべき”という一杯じゃないでしょうか。このままいつまでも変わらないでいて欲しいです。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4(気に入った!)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都港区港南2-1-78 JR 品川駅構内
◎交通手段:JR品川駅構内横須賀線ホーム真ん中グリーン車乗り場近く
◎営業時間:[月~金]6:00~23:30 [土、日、祝]6:00~23:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告