【立ち食いそば】大手町「めとろ庵 大手町メトロピア店」。そば、つゆ、かき揚げともに一定レベルの優等生的な一杯。

大手町の「めとろ庵 大手町メトロピア店」は株式会社メトロプロパティーズが東京メトロ地下鉄の構内で運営している「そば処めとろ庵」の一つ。東京のビジネスの中心地・大手町駅構内にあります。

東京メトロ東西線の西改札近く

現在この大手町の他に錦糸町、新木場、西船橋にある「そば処めとろ庵」。大手町店は地下鉄大手町駅構内の改札外にあります。といっても「大手町駅」と言えば、東京メトロ東西線・丸ノ内線・半蔵門線・千代田線、都営地下鉄三田線の計5つの路線が乗り入れており、これは東京の地下鉄駅の中で最多。そのため駅は実に複雑な構造です。私は2011年から約3年間大手町駅直結のビルに勤務した経験があり、結構駅構内には詳しいと思っていたのですが、工事中だったり、新しいビルができたりで、久々に行ったら結構様子が変わっていて驚きました。

このお店に一番近いのは東京メトロ東西線の西改札。その改札を出て千代田線・三田線方面に直進し、50メートルぐらいのところにあります。

店舗の向かって左側が入口となっており、すぐのところに2台の自動券売機があります。ベースとなる「かけそば・うどん」が290円と一般的な立ち食いそば店の価格設定。ここで食券を購入してそのまま進むと注文カウンターがあるので、そこで食券を渡してその先にある食事スペースで出来上がりを待つという流れ。導線がしっかりと確保されています。食事スペースは壁沿いが10席の椅子付きL字型カウンターとなっており、中央にガラスで仕切られた立ち食いカウンターがあります。合わせるとキャパは20名程度です。

そばは生めん。かき揚げはサクサク

注文カウンター脇の給水器で水を注いで立ち食いカウンターに陣取り、待つこと約3分で呼ばれて受け取ってきたのがこちら。かき揚げそば(400円)。

上から。かき揚げは丼から一部飛び出しています。

そばリフト。ピンボケになってしまっていますね。

そばは生めんで適度なコシがあります。つゆはほんのりとカツオ出汁が香り、塩っぱすぎない適度な濃さ。かき揚げは揚げたてではないもののサクサク感はあります。全体的に一定レベルの優等生的な一杯。安心して食べられるのですが、何か突出した特徴があれば、あるいはメチャクチャ個性的な店員さんがいればもっと印象に残るのに…。いや、これは「めとろ庵」だけに限らず、NRE系など最近の多くの立ち食いそば店に言えることなのですが。均一のクオリティ、均一のオペレーションを追求した結果の没個性化という現象です。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区大手町2-1-1 東京メトロ 大手町駅内
◎交通手段:東京メトロ東西線「大手町駅」(改札外)
◎営業時間:[月~金]7:00~22:00 [土]7:00~17:00
◎定休日:日曜・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告