【酒場紹介・昼間から飲める店】武蔵小山「立呑み 晩杯屋 武蔵小山本店 (仮店舗)」11時開店!激安居酒屋として勢力拡大中の「晩杯屋」総本店

武蔵小山の「立呑み 晩杯屋 武蔵小山本店(仮店舗)」は、都内を中心に勢力拡大中の激安居酒屋チェーン「晩杯屋」の総本店。朝11時から飲めます。

キャパ150名の大箱

「昼間っから晩杯屋」というキャッチフレーズで激安価格で昼飲みができるのがウリの「晩杯屋」。これまで大山店とゼームス坂上店をご紹介しました。

【居酒屋紹介・昼間から飲める店】「晩杯屋 大山店」安さも広さも都内最高レベルの立ち飲み店。
昼間から飲める店シリーズ。 今回は「晩杯屋(バンパイヤ) 大山店」をご紹介します。 地元民が見てきた!この地の居酒屋変遷 この...
【酒場紹介・昼間から飲める店】大井町「晩杯屋 ゼームス坂上店」100円台のつまみも豊富で、昼間から安心して飲める。
ドリンク・つまみ共に激安で、昼間から飲める立ち飲み店として都内を中心に勢力を拡大している「晩杯屋」。本日2月17日には「新丸子店」が、来週2...

この「武蔵小山本店」の場所は東急目黒線「武蔵小山駅」から徒歩4~5分。アーケード商店街として有名な「パルム」本筋と並行して走る26号線沿いです。キャパは1階が立呑みで約70名、2階は見たことはありませんが、看板によるとテーブル席80席あるようで合計150名とかなりの大箱。1階の立ち飲みスペースは厨房を囲むカウンターに4人用立ち飲みカウンターが直角にくっついている格好。そのため、このカウンターお客さんのオーダーしたドリンクやつまみは、わざわざフロアに出なくても厨房からそのまま届けられるという省エネ設計。メニューは日替わりの「晩杯屋」共通のメニューです。

まずドリンクとしてオーダーしたのがチュウハイ(250円)。

そしてつまみは100円台の激安メニューが多い晩杯屋の中では超高級メニューとなる「極厚ハムカツ」(310円)。頼むのに結構勇気がいりました。

塩チーズ(150円)。名前通り塩とチーズのシンプルなメニュー。

フライドポテト(150円)はコンソメ味。

昼飲みファンに嬉しい!毎日午前11時開店

旧武蔵小山店には行ったことがありましたが、こちらははじめての訪問。でも他の店とメニューが同じなので何の違和感なく飲めました。そして「晩杯屋」はほとんどの店が15時からなのですがこの店だけは11時からの営業。さすが本店ですね。昼間っから飲みたい人にとって強い味方です。ごちそうさまでした。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都品川区小山3-24-10
◎交通手段:東急目黒線「武蔵小山駅」徒歩4分
◎営業時間:[立呑み]11:00~23:30 [テラス席]~22:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告