【袋麺】マルちゃん「北の味わい 担々ざるラーメン 2人前」麺がたっぷり150グラムで食べ応えあり。

マルちゃんの「北の味わい 担々ざるラーメン 2人前」は小麦粉は北海道産小麦を100%使用した麺と、ごまだれに豆板醤を加えたピリ辛のつゆが特徴です。

現在22種類が発売中の「北の味わい」シリーズ

マルちゃんの「北の味わい」シリーズは、北海道産の小麦を使ったちぢれ麺が特徴のチルド麺で、2017年3月現在で22種類が発売されています。味噌、醤油、塩、とんこつといった一般的なものはもちろん、エビ味噌、海鮮辛味噌など、本当にバラエティ豊か。とりあえず思いつく限りのバリエーションをつくっている感じがします。

で、この「北の味わい」ブランドを紹介したサイトを見ていて気になったのが、今回ご紹介する商品とほぼ同じパッケージで、「北のあじわい 坦々ざるラーメン 2人前(北海道向)」なる商品があること。商品説明文を読んでもその違いは全くわからず。でもカロリーは今回のものが512kcalであるのに対して、北海道向は378kcalと100kcal以上の差。いったい何が違うんだ!一般に北海道向けは昆布出汁が強めというのが相場ですが、ごまだれ+豆板醤ではあまり関係なさそうだし。原材料を比較してみると、北海道向じゃない方にはラー油が入っており、北海道向はラー油はなくて醤油が入っています。それ以上はよくわからず。パッケージの裏はこんな感じ。

早速つくってみる。

袋を開けると麺とつゆが2つずつ入っています。

さて感想は。

麺のゆで時間は3分。茹で上がったらザルに入れ、冷水で締めます。で皿に盛ったのがこちら。おお、いいテカリ。この輝き、俄然食欲をそそりますね。

つゆは添付のものを30mlの水で割ればOK。パッケージの写真に比べると赤みが少なく、ごまだれ寄りの色。ホントに辛いのか、やや不安になってきます。

麺リフト。黄色っぽくて縮れている中太麺。

あとはネギやノリ、ワカメ、ゆでたキャベツを具材として用意し、いざ実食。麺をたぐってつゆに浸し一口すすると最初はゴマ風味の甘さが来て、後から豆板醤の辛さが来ます。さっきの写真で紹介したように見た目がそんなに赤くないので、あまり辛くないかと思いきや、予想以上の辛さはあります。といってもピリ辛ぐらい。私は辛みがもっと欲しいと思い、ラー油を加えました。麺はモチモチで弾力があってしっかりとした食感。コシもあって麺自体のうまみがあります。150グラムと結構ボリュームがあるので結構食べ応えがありました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:285円(税抜)
◎内容量:380g (めん150g×2)
◎カロリー:512kcal (1人前当たり)
◎発売日:2009年2月23日
◎リニューアル日:2017年2月15日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告