【酒場紹介】高知「三國志 高知店」友人同士や家族連れで気軽に飲める!活気溢れる大衆居酒屋。

高知市追手筋にある「三國志 高知店」は、友人同士や家族連れで気軽に飲める居酒屋です。

はりまや橋電停・追手筋の繁華街の一角

場所はとさでんの「はりまや橋電停」から徒歩5分。はりまや橋から高知駅に向かう方面にある繁華街の一角。壱番街というアーケード商店街から一筋高知駅寄りの通り、追手前公園の近くなんですが、この辺りはごちゃごちゃしていて何とも説明が難しいですね。上の写真にあるように隣が案内所なんで気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、気軽に安心して飲める店です。目印は三國志のイラストと共に「居酒屋 三國志 酒を征すは天下を征す!!」と書かれたこの看板。

入口は狭いのですが、店に入るとまず厨房を囲むカウンターが奥に伸びており、その先に結構な広さの座敷席があって、キャパは80席。大人数のグループにも対応できる広さです。メニューの表紙にも看板と同じイラスト。そして「酒を交わし、天下を語ろう」の文字が。

ドリンクは1680円でビールや焼酎、チューハイ、日本酒、カクテルなどが飲み放題。

ドリンクは生ビールの後、ウーロンハイにしました。

つまみは「ダイコンと水菜のサラダ」(450円)。

「カツオ塩たたき」(980円)は、ニンニク、ネギ、わさび、ミョウガと薬味が充実しているのが嬉しい!

「鳥もも串」は3本で380円。

友人同士や家族連れが次から次へと入店

この日は日曜。店に入ったのは開店直後の午後5時半過ぎでしたがすでに5~6割程度の入り。年齢層は若い人からシニアまで幅広く、2人以上のグループが中心です。入口すぐのカウンター席が空いていたのでそこに着席。カウンター内にあるテレビでやっている「笑点」をぼんやりと見ながら飲んでいると、日曜夜ということもあって、店には続々と友人同士、家族連れなどグループ客が入って来ます。そして次から次へと入るオーダーにテキパキと対応する店員さんたち。中でもおかみさんの接客はバツグン。そして他の店員さんへの指示も的確です。ふと見ると、一つだけ空いている端っこのカウンターの上には大皿があり、エビチリや焼き鳥など様々なつまみが盛られてラップがかけられています。どうやら近所のスナックかなんかで提供するオードブルのようで、後からボーイさんらしき人がとりに来ました。活気溢れる雰囲気を楽しみながら1時間ちょっと飲んでお会計。するとおかみさんが「あら、もう帰っちゃうの」と一言。リップサービスだってわかっていても、なんか嬉しくなってまた来たくなりますよね。ごちそうさまでした。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:高知県高知市追手筋1-4-2 順子ビル3 1F
◎交通手段:とさでん「はりまや橋電停」から徒歩5分/JR「高知駅」から徒歩12分
◎営業時間:17:30~翌2:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告