【カップ麺】「日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺」お店でぜひこのメニューを食べてみたいと思わせる深い味わい!

日清 THE NOODLE TOKYO AFURI 限定柚子辣湯麺」は人気ラーメン店「AFURI」の人気定番メニューの「柚子辣湯麺(ゆずらーたんめん)」をイメージした商品です。

AFURIは2003年に東京恵比寿に第一号店をオープンした人気ラーメン店。原宿、中目黒、麻布十番、六本木ヒルズ、三軒茶屋など、おしゃれな街に店を展開しています。おしゃれな街と行列が苦手の私は行ったことがありません。フタの裏に紹介が書いてありました。

店名の“AFURI”は、丹沢山系の東端にそびえる大山(通称・阿夫利山)の天然水を使用して仕込む事に由来する。その天然水で仕込まれた黄金色のスープは鶏・魚介・香味野菜などから丁寧に抽出したまさに正当派の端麗系。海外からの来店も多く、らーめん、空間、その全てにおいて計算し尽くされた同店は、世界に冠たる大都市、東京の名店である。

早速つくってみる。

まずフタの上に貼り付けてある「赤い香油」をはがします。これは鶏油ベースに唐辛子の辛みを加えたもの。

そしてフタを開けると中はこんな感じ。具材は炭火焼チキン、メンマ、ネギ、柚子皮。

さて感想は。

そして4分後にフタを開けて「赤い香油」を加えると出来上がり。真っ赤でインパクトあるビジュアルですね。

麺リフト。小麦全粒粉を使用した細目のストレート麺。

カップを顔に近づけると漂ってくる柚子の香り。まず、つゆを一口。“鶏ガラなどの動物系素材とカツオなどの魚介系素材のうまみを合わせ、柚子と唐辛子の酸味と辛みをきかせた、しっかりとした味わい”とのことですが、柚子の香り×酸っぱさ×辛さという三つが絶妙に絡み合った複雑な味!鶏油ベースの「紅い香油」によって味に深みが加わっています。具の炭火焼チキンはカップ麺の具にしては大ぶり。メンマとゴマの食感がアクセントになっていいですね。有名店とコラボしたカップ麺はその大半が「こんな味じゃお店に行ってもしょうがないわ」と思うモノなんですが、このカップ麺はその全く反対の感想。「ぜひお店でこのメニューを味わってみたい!」と思いました。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★★☆ 4.5(かなり気に入った!)

<商品データ>
◎価格: 205円(税別)
◎内容量:95g(80g)
◎カロリー:439kcal
◎発売日:2017年1月30日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告