【カップ麺】寿がきや「富山白えびラーメン」白エビの香りが強くコクがあるスープの塩ラーメン。

寿がきやの「富山白えびラーメン」は、富山名物の白えびを使用したカップ麺。白エビの旨みと香りが特徴の塩ラーメンです。

この商品は寿がきやのご当地ラーメンシリーズ「全国麺めぐり」の中の一つ。 このシリーズには他に「富山ブラックラーメン」「奈良天理醤油ラーメン」「小田原タンタン麺」「和歌山特濃中華そば」などがあり、「小田原タンタン麺」はこのブログでも紹介しました。

今回は寿がきやの「小田原系タンタン麺」をご紹介します。 小田原系タンタン麺とは 全国各地にあるご当地ラーメンですが、今回は「小田...

ただ、寿がきやのサイトを見るとこの「富山白えびラーメン」のページがなくなっているので、もしかしたら発売終了になったかも。さて、テーマとなっている白えびは「富山湾の宝石」とも言われる富山名物。イキが良いヤツは透き通ったほのかなピンク色で収穫する際に引き上げるとキラキラと輝いており、その後、白く不透明になるということです。パッケージは白が基調ですっきりした印象。中央にえび茶色で「富山白えびラーメン」と商品名が書かれています。

早速つくってみる。

フタを開けると入っていたのは「液体スープ」「後入れかやく入りスープ」「のり」の3つ。

麺はノンフライ麺。

小袋類は入れず、麺に熱湯を入れます。

さて感想は。

4分後、フタを開けてエビ色というか、うすいオレンジ色の「液体スープ」を入れるとさっそくエビの香りが立ち上ってきます。それに「後入れかやく入りスープ」を入れて軽くかき混ぜて、最後にのりを2枚添えたら出来上がり。

麺リフト。

まずスープ。エビの香りが強く、塩味でサッパリしていますが、鶏ガラやホタテなどの味も感じ、深みがあります。麺は細目でツルリとしていて、それ自体の主張はありませんが、塩味のスープに合いますね。かやくではフライドオニオンが香ばしくていいアクセントになっています。そして面白いのが赤くて細い糸唐辛子。これ、特に辛さとかは感じないのですが、そのカタチからまるでエビのヒゲのようで面白いです。コクがある塩味のスープに引っ張られて箸が進み完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:218円(税抜)
◎内容量:104g(麺65g)
◎カロリー:341kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告