【立ち食いそば】千葉県成田市「みゆき」京成成田駅から徒歩1分の立ち食いそば店で、一昔前の立ち食いそばの味を思い出した。

千葉県成田市の「みゆき」は京成成田駅からすぐにある、飲みもOKの立ち食いそば店です。

京成成田駅からJR成田駅に向かう途中にあります

場所は「京成成田駅」から徒歩1分。

駅を出たらバスターミナルの左側の道をJR成田駅方面に進み、およそ50メートル行ったところ。大きく緑で「そば処」と書かれた看板が目印です。この看板の「立喰い」という文字が白くなっているのは経年変化によるものか、はたまた後からイスを設置したから消したものかは不明です。なお「みゆき」という店名は後日食べログで調べたもの。訪問した時は店名らしきものがどこにも見当たりませんでした。

自動販売機の間にある入口から入ると、店内は予想以上に広いスペース。中央にドーンと大きな6人用テーブルが二つ。その一つはイスがなく立ち食い専用となっています。右側には4人用テーブル、そして左の壁際がカウンター席になっていて、合わせるとキャパは30人ぐらいです。

壁にはメニューの他にキリンビールのポスターや京成成田駅の時刻表などが貼ってあります。あちこちに「当店はセルフサービスです」という貼り紙があるところを見ると、どうやらご店主一人で店を切り盛りされている様子です。

ビールやサワーなどのドリンクもあり!

入口を入ってすぐ左にある自動券売機で食券を購入し、奥の注文カウンターでご店主に渡して注文するシステム。値段はベースとなる「かけそば・うどん」が300円、「きつねそば・うどん」「たぬきそば・うどん」が400円、「天ぷらそば・うどん」が450円。

飲みもOKで「生ビール」が450円、「ビンビール」が500円、「缶ビール」350円、「レモンサワー」「ウメサワー」が400円。つまみは「おしんこ」「冷奴」「しおから」「メンマ」「マカロニサラダ」「キムチ」「イカゲソ」が200円。「餃子」「もつにんにく」「ニラ玉」「串焼き2本」が300円。「イカ丸焼」「手羽先串2本」「豚足」「肉豆腐」「おでん」が500円。これらつまみはそれぞれ「200円」「300円」「500円」のチケットを券売機で買ってオーダーする方式です。珍しいメニューとしては成田なのに銚子名物「ぬれ煎餅」(500円)があり、注文カウンターの上に実物が置いてありました。

注文カウンターの上に置いてあるポットからグラスに水を注いでテーブル席に移動し、ご主人が調理する後ろ姿とテレビを交互に眺めながら出来上がりを待ちます。

そして3分ほどで出てきたのがこちら。「天ぷらそば」(450円)。

久々に味わった往年の立ち食いそば店の味

入店したのはウィークデイの午後4時20分ぐらい。中途半端な時間ということもあり、入店から出るまで客は私一人でした。そばは今や立ち食いそば店でもあまり見かけなくなったブヨッとしたゆでそば。つゆはやや薄め。血圧が高めなので体にはいいですけど、なんだかもの足りませんね。天ぷらはここで揚げている様子は見当たらなかったので、外注の業者さんによるものと思われます。具は玉ねぎ、ネギ、ニンジンなど。そこそこのレベルなんですが、これが150円と言われると高いという印象。そう言えば昔の立ち食いそば屋って全部こんなのだったなぁ、という感想。でも、これはこれでいいかも。NRE系みたいにどこに行っても同じ味というのはつまらないですからね。ごちそうさまでした。

<私の評価>
★★☆☆☆ 2.6(う~ん)

<地図>

※Google地図に登録がなかったので隣のお店の地図です

<店舗データ>
◎住所:千葉県成田市花崎町814-24
◎交通手段:京成電鉄「京成成田駅」徒歩1分

みゆきそば(蕎麦) / 京成成田駅成田駅

昼総合点★★☆☆☆ 2.6

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告