【昼間から飲める店・居酒屋紹介】板橋本町「立ち呑み 鴇田(トキタ)」11時半開店で夜まで営業!昼飲みOKの立ち飲み屋

板橋本町の「立ち呑み 鴇田(トキタ)」は、11時半開店でそのまま夜まで営業!昼間から飲める立ち飲み屋です。

板橋本町から徒歩3分の環七沿い

場所は都営三田線の「板橋本町」のA4出入口から徒歩3分ほど。環七沿いです。店頭の看板には「昼間から飲めます!!」という何とも心強い文字が!

ちなみにお隣は赤い看板が目印の「まぐろラーメン」というラーメン屋さん。

テレビもあって、一人でも退屈しません

平日の午後3時過ぎ、店に入ると「いらっしゃいませ~」
店員さんに笑顔で出迎えていただきます。

店内はまだ改装したてで木の香りがします。
壁は木目調で、赤い天井の左右には赤ちょうちんがいくつも奥まで吊されています。

4人ぐらいが立ち飲みできるテーブルが手前に3卓+奥に2卓の計5卓、
奥左壁際に8~10人ぐらいが立ち呑みできるカウンターがあり、
キャパは30人ぐらいでしょうか。

私が行った時は店員さんは3名体制。
主にフロアを担当されているお兄さん。
フロアと厨房の両方を担当されているお姉さん。
厨房を担当されているお兄さん。

先客は奥のテーブルに50代ぐらいの男性二人組。

空いていた奥の立ち飲みカウンターで飲むことに。

下の写真はそこから厨房方面を撮影したもの。
でっかいテレビがありますから、一人でも退屈しません。

ランチは「親子丼」「紅唐揚げ丼」「辛みそ冷やしうどん」「サラダうどん」が550円。ランチタイムはイスが用意されるので座って食べれます。

ドリンクは300円から。

ドリンクは
◎ときたハイボール(300円)
◎麦茶ハイ・ウーロンハイ(300円)
◎チュウハイ(380円)
◎ホッピー(430円)など。
もちろん、生ビールや日本酒、焼酎もあります。

私は反射的に「チュウハイ」(380円)をオーダーしました。

つまみもいろいろあるようで、
表の看板によると、名物は衣に紅生姜を入れた「紅唐揚」(320円)など各種鶏料理。

まだ、メニューらしきものはなかったので、
壁に掲げてある短冊を見ながらオーダーします。

まずは「鳥皮ポン酢」(300円)。サッパリしていて、鳥皮の独特の食感とシャキッとしたキュウリの食感が楽しめます。

「キンピラ」(230円)。甘辛の味付け。

「ゴーヤ」。そんなに苦くありません。

「たこわさび」。たこは柔らか!

一人でも気軽に飲める雰囲気です。

で、感想としては、雰囲気や接客はとてもいい!
最初は2杯ぐらいでサクッと帰ろうと思ってたんですが、
フロア担当のお兄さんがさりげなく話しかけてくれるなど、
居心地が良く、結局5杯飲んじゃいました。
ただ、つまみ、ドリンク共にちょっと量が少ないかな…。

とはいえ、徒歩圏内に昼間からガッツリ飲める店が出来たのは嬉しい限り!
今後通うことになりそうです。

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都板橋区大和町23-2 1階
◎交通手段:都営三田線「板橋本町駅」A4出入口から徒歩3分
◎営業時間:11時30分~
◎定休日:当面無し

※この記事は「ナカイタ通信」用に書いたものをリライトしたものです

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告