【立ち食いそば】市ヶ谷「そば処 瓢箪」いい感じに年季が入った路地裏の立ち食いそば店。

市ヶ谷の「そば処 瓢箪」は、いい感じに年季が入った路地裏にある立ち食いそば店。今回は「めかぶそば」をいただきました。

ホッと落ち着く雰囲気

場所はJR「市ヶ谷駅」から徒歩2分程度。JR市ヶ谷駅を出たら左に進み、みずほ銀行がある最初の角を右に曲がって30メートルぐらい先の左側。「立喰そば処 瓢箪」と白で書かれた青いテント看板が目印です。下の写真では赤の矢印の起点あたりがみずほ銀行。

色褪せた紺の暖簾をくぐって店に入ると、店内は立ち食いのみで純粋な立ち食いそば店。店全体がいい感じに年季が入っており、何だかホッと落ち着く雰囲気です。入口から奥へと伸びる注文カウンターも兼ねた立ち食いカウンター、その後ろにコの字型立ち食いカウンターがあり、8人も入ればいっぱいになる感じ。この日はウィークデイの午後2時前だったのですが、近所のビジネスマンを中心に次から次へとお客さんが入って来て賑わっていました。

牛丼などご飯ものは口頭でオーダー

店の奥に小さい自動券売機があって、そば・うどんはこちらで食券を購入して店員さんに注文するシステムになっています。ただし、牛丼やカレー丼、そぼろ丼などのゴハンものは食券はなく、口頭で注文して精算します。値段はベースとなる「かけ」が310円で、「かき揚げ」が430円。ご飯ものでは牛丼・カレー丼が各460円。いずれもミニがあって各230円です。

注文カウンターで店員さんに食券を渡し、そばを指定して空いていたコの字型のカウンターへ。そして2分ほどで出てきたのがこちら。「めかぶそば」(410円)。カマボコのピンクがワンポイントとなっていていい感じのビジュアルですね。

つゆはカツオ出汁のきいていて優しい味

そばはゆでそばで、角はなくまるくて柔らかなフワフワタイプ。つゆは色は濃いんですが、決して塩っぱくはなく、カツオ出汁がきいた優しい味です。めかぶの他にコンブまで入っていて、それぞれ違った食感が楽しめます。器はそんなに大きくないのでサクッと食べられます。そして、店を出た後に左隣にまわってみたら、この株式会社紀州屋製麺のケースを発見。

調べて見ると紀州屋製麺は、新宿区西新宿3丁目にある昭和34年設立の製麺会社さん。そばはこの会社のもののようですね。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区五番町4-2
◎交通手段:JR「市ヶ谷駅」から徒歩2分
◎営業時間:月~金 9:30~18:00
◎定休日:土・日・祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告