【カップ麺】カップヌードル「ミンスドポーク味」日本でも馴染みのある豚ベースのしょうゆ味。

「カップヌードル ミンスドポーク味」はタイの日清産カップヌードルです。

前回、同じくタイの日清産の「カップヌードル ムーマナオ味」をご紹介しました。

【カップ麺】タイ日清「カップヌードル ムーマナオ味」柑橘系の香り漂う酸味のある辛いスープがクセになりそう。
「カップヌードル ムーマナオ味」はタイの日清産カップヌードル。柑橘系の香りが漂う酸味のある辛いスープが特徴です。なんでもタイ駐在員の皆さんが...

この「ミンスドポーク味」も同じく近所のイオン系ミニスーパー「まいばすけっと」で入手しました。ということはイオンが2017年4月28日から5月7日に開催した「イオンワールドフェスタ タイフェア」から流れてきた商品で、タイで販売されている日清カップヌードルをイオン限定日本仕様にカスタマイズしたものですね。

パッケージはご覧の通り緑が基調。この緑も日本の食品ではあまり見ない色でエスニック感が漂っていますね。ただ、ムーマナオ味のパッケージ側面は何一つ意味がわからなかったの対し、この商品は「MINCED PORK FLAVOR」と書いてあるので、何となくどんな味の商品かは察しがつきますね。ちなみにミンスドポークとは豚のひき肉味ってことらしいです。そしてフタは日本仕様。

早速つくってみる。

フタを開けると調味オイル的な小袋が入っていますので取り出します。

中はこんな感じ。

さて感想は。

お湯を注いで待つこと3分。後からフタの説明書きを見ると、小袋を入れてからお湯を注ぐよう書いてあったのですが、ついいつものクセで湯戻し後に投入。これもクセでフタの上で温めてたんですが、それでも中味が出づらくて箸で掻き出して入れました。下の写真で中央の茶色っぽいヤツですね。袋に残ったのをちょっと味わってみたらニンニクの焦がし油っぽい味でした。

麺リフト。

スープは日本によくある豚ベースの醤油味。エスニックさというか、独特の香辛料みたいなのは遠くでほんのり感じる程度。言い換えるとほとんど感じません。まずくはないんですが、異国の食べ物を食べているんだという実感はなし。麺はムーマナオ味のものと同じ。そうめんぐらいの太さで、麺自体が特に独特な味を主張するというわけではなくクセもなく普通。かやくは味付卵とキャベツ、ねぎ。そしてこちらもムーマナオ味同様、豚ひき肉っぽいのが大豆タンパク質加工品ですが、これはしっかり豚ひき肉っぽい味になっています。タイの商品だから香辛料が強いとか辛い…という思い込みで食べると肩すかしをくわされます。逆に言えば日本人も違和感なく食べられる味ということですね。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ)

<商品データ>
◎内容量:60g(麺46G)
◎カロリー:274kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告