【袋麺】越後屋重兵衛「青森しじみらーめん」麺がうまい!淡麗な塩味スープのさっぱりしたラーメン。

株式会社越後屋重兵衛から発売されている「青森しじみらーめん」は、青森県・十三湖産のしじみエキス入りのスープに太麺を組み合わせたラーメンです。

この商品の販売元は株式会社越後屋重兵衛で、製造元は株式会社松代そば善屋。この会社では「そば屋のラーメン」として袋麺を発売しており、このブログでも過去に以下の商品をご紹介しました。

株式会社越後屋重兵衛から発売されている「燕三条背脂らーめん」は、新潟の燕三条で昔から食べられてきた背脂タップリの醤油ラーメンを商品化したもの...
越後屋重兵衛の「佐渡あごだしらーめん」は、新潟県佐渡の名産アゴ(トビウオ)を焼いてから干してつくる「あごだし」のスープが特徴のラーメンです。...
越後屋重兵衛「上越とんこつ醤油らーめん」は、新潟県上越市のご当地ラーメン「とんこつ醤油らーめん」を商品化したものです。 上越市民御...
越後屋重兵衛の「長岡しょうがらーめん しょうゆ味」は新潟県長岡市のご当地ラーメン「長岡ショウガじょうゆラーメン」を商品化したものです。 ...

製造元である新潟県十日町市でそばなどの麺類を製造・販売している「株式会社松代そば善屋」の通販サイトを見ると、このラーメンはご当地ラーメンシリーズ「諸国漫遊シリーズ」の一つ。商品ページには次のように紹介されています。

江戸時代から、近くの川や湖、用水路で採れる貝として親しまれてきた、しじみ。豊富な栄養素と旨味成分をたっぷり含み、体の調子を整える貝として、子供から大人、お酒好きな方々にまで愛されてきました。そんなしじみと、蕎麦屋ならではのシコシコ麺を組み合わせたのが、青森しじみらーめん。うまさ、しみじみ。しじみラーメンです!

青森の十三湖しじみとは
世界遺産白神山地を源流とする岩木川から流れ込む淡水と日本海の海水が混ざりあった汽水湖「十三湖」は、しじみの生息に適しています。この湖で採れたしじみは非常に味が良いことで知られ、市場でも高値で取引されています。

パッケージは青がベースとなっており、裏はこんな感じで作り方や原材料が書いてあります。

早速つくってみる。

袋を開けると出てきたのが麺が二束としじみスープが2つ。

麺のゆで時間は5分。その間にどんぶりにしじみスープをあけて、250ccのお湯を注ぎ、スープを作っておきます。そして茹で上がった麺を入れ、最後にこちらで別途用意した具材を加えたら出来上がりです。

さて感想は。

今回はネギ、刻み玉ねぎ、ゆで卵、ウインナー、そしてのりをトッピングしました。

麺リフト。太麺です。

まずスープを一口。しじみエキス入りということで、しじみ汁の風味を予想していたのですが、しじみ風味はなく、上品でさっぱりとした塩味。麺はさすがこの分野のスペシャリストの会社のものだけに、シコシコとしてコシがあり、麺自体のうまさがあります。しじみ自体の味がさほどしなかったのは肩すかしを食った気分ですが、食べ応えのある太麺に淡麗な塩味スープが絡み、これはこれでありだと思います。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:300円(税別)
◎内容量:210g(麺73g×2束)
◎カロリー:298.3kcal(1食当たり)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告