【カップ麺】クリタエイムデリカ「揖保乃糸そうめん」手軽に食べられるスーパーのカップ入りそうめん。

スーパーのお弁当コーナーなどで売っている株式会社クリタエイムデリカの「揖保乃糸そうめん」は、買って来てすぐに手軽に食べられるカップ入りそうめんです。

製造しているのは株式会社クリタエイムデリカ。創業69年の歴史を持つ埼玉県越谷市の食品会社。イオンやミニストップ、ベルクといった大手スーパー・コンビニのお弁当・惣菜コーナーで売っているうどんやそばなどを多く手がけています。このブログでも2つの商品をご紹介しました。

スーパーのお弁当コーナーなどで売っている株式会社クリタエイムデリカの「涼味 なめこ山菜そば」は、買って来てすぐに手軽に食べられるカップ入りそ...
クリタエイムデリカの「涼味 とろろそば」は、手軽に食べられるスーパーのカップ入り冷やしそばです。 製造している株式会社クリタエ...

なお「揖保乃糸」は、良質の小麦粉と揖保川を中心とした播磨地方の清流、そして赤穂の塩を原料とし、伝統の製法で幾度も熟成を重ねながら、職人さんが丹精込めて作り上げた手延そうめん。そうめんでは最も有名なブランドですね。フタを開けるとこんな感じ。

小袋は「つゆ」「おろししょうが」「かけ水」の3つ。なおこの「つゆ」は焼津産かつお節、枕崎産宗田かつお節を使用しているとのこと。

麺リフト。ツヤツヤと輝いています。

味はおそらく日本に住んでいる方なら一回は食べたことがあると思いますので、まあその味です。で、今回注目したのは、そうめんをほぐす時に入れた「かけ水」(ほぐし水)。そうめんやそば、うどんなどは、ゆでてから時間が経過するとデンプン同士がくっつき、だまになってしまいますが、これを食べやすくするために開発されたもの。これ、ただの水という説もありますが、つゆが薄まってしまわないように薄い塩味がついていたり、ナトリウムとアミノ酸が入っていたりするものもあるとか。さらに味の素はだし入りのほぐし水で特許を取っているそうです。この「ほぐし水」登場以前のコンビニなんかのそばやうどんは、麺同士がくっついてガビガビで、非常に食べにくかったことを思い出します。こいつのおかげで、完全とまでは言えませんけど、ある程度ほぐれたものをいただけるようになりました。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.0(まあまあ)

<商品データ>
◎価格:328円
◎カロリー:241kcal

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告