【立ち食いそば】本郷三丁目「SOBA UDON わ」夕方からは飲み屋としても利用できるそば・うどん店。

本郷三丁目の「SOBA UDON わ」は、ドリンク類も充実しており、夕方からは飲み屋としても利用できるそば・うどん店です。

本郷三丁目駅から徒歩5分

場所は丸ノ内線「本郷三丁目駅」から徒歩5分程度。本郷三丁目の交差点にある交番の前を通って本郷通りを数十メートル進むと通り沿いに「そば」と書かれたこの立て看板があります。

おすすめは肉そばとのこと。その裏を見ると「お得セット」というチラシ。17時~23時30分まで、瓶ビール(中)1本または焼酎1杯にそばorうどん(ザルまたはかけ)、小鉢、おしんこ、野菜天2品で1000円とのこと。その下にホッピーのチラシやドリンクメニューが貼ってあり、日本酒、焼酎など、ドリンク類にも力を入れていることがわかります。

店内はブラック&ホワイトの世界

この看板の「そ」の字の横にある小さな矢印に従って菊坂通りに入ると、10メートルほど先に見えるのが黒い看板。「SOBA」「UDON」と白で書かれており、その間の「わ」という文字は立体的になっていて、間接照明に照らされて浮き出ています。それにしても変わった店名ですね。正面はガラス扉が3つあり、一番左側の扉にはメニュー写真がびっしり。赤ちょうちんがある方の扉から店内に入ると「いらっしゃいませ~」というご主人らしき男性の声。中は白と黒のモノトーンのこじんまりとした空間です。入ってすぐのところに自動券売機があったので、ここで食券を買ってカウンター内のご主人に注文するシステムですね。価格を見るとベースとなる「かけそば・うどん」が330円、「かき揚げそば・うどん」が460円で、一般的な路麺店に比べるとほんのチョイ高めかな。店内は厨房を囲むカタチでL字型カウンターがあって、大きめの白いイスが4脚。店入口横に2人用テーブル、奥にイス3脚のカウンターがあってキャパは9名。入店したのは午後2時40分という中途半端な時間だったこともあり、先客は奥のカウンターに女性が1名だけでした。

ご主人は細身・長身で年齢は40歳ぐらいでしょうか。紺のポロシャツ姿で、そば店の店主というよりはバーのマスター風。購入した食券を渡し、黒いL字型カウンターの角の白いイスに腰掛けます。このイス、なんかゴージャスなんですが、高さがやや高くてなんか落ち着かないですね…。カウンターの上にウォーターピッチャーがあったので、その横にあったコップに水を注ぎ、カウンター内にある大型液晶テレビでやっているミヤネ屋を見ながら出来上がりを待ちます。L字カウンターの左奥が調理スペースになっているようですが、私が座った席からはその様子はよく見えません。そして約3分後、黒のトレイに真っ白な器が乗せられて出て来ました。これも黒と白。「冷やしかき揚げそば」(460円)です。

かき揚げに刻みのり。写真には写っていませんが、わさびとネギは別添えになっていました。

さて、いただきます。まずはそばから。しっかりとコシがあるタイプで、これはいいじゃないですか。つゆはそばの4分3が浸るぐらいあって冷やしにしては量が多めです。カツオ出汁の風味がありますが、やや塩っぱいかなぁ…という印象。かき揚げは玉ねぎが中心であとはニンジンとチラッと見える緑のものは春菊でしょうか。揚げ置きみたいですが、カラッとした食感はまだ残っています。冷たいそばの場合、揚げたてじゃないかき揚げですと、固くてなって箸で割りづらく食べにくいことがあります。でもこのかき揚げは具材と具材の間に適度な隙間があるというか、ギュッと詰まっているわけではないのでほぐれやすくて食べやすいですね。それにつゆがたっぷりなので、浸せば柔らかくなりますし…。ということであっという間にそばとかき揚げは完食。つゆも飲もうかと思いましたが、塩っぱかったので今回は残しました。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都文京区本郷5-1-2
◎交通手段:「本郷三丁目駅」から徒歩5分
◎営業時間:11:00~24:00
◎定休日:日曜日、祝日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告