【立ち食いそば】北千住「小諸そば 北千住店」かき揚げそば(360円)はコストパフォーマンス高すぎ!

小諸そば 北千住店」は、東武鉄道「北千住駅」の3・4番線ホーム上にある立ち食いそば店です。

首都圏を中心に81店舗展開する「小諸そば」

「小諸そば」は首都圏を中心に81店舗(2017年10月26日現在)を展開している立ち食いそばチェーン店。この北千住店の場所は、東武鉄道「北千住駅」3・4番線ホーム上。北千住駅はJR、東京メトロ、そして東武鉄道と各線が乗り入れていますから、このホーム上のお店は乗り換えなどの際にサクッと食べるのに最適なロケーションなので、私も結構重宝しています。

入口左横に自動券売機があり、ここでチケットを購入して入店し、正面左の注文コーナーで店員さんにチケットを渡してオーダーするシステムです。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が260円、「かき揚げそば・うどん」が360円と一般的な立ち食いそば店よりも安目の設定。うどんは関西風のつゆになります。

立ち食いのみ。キャパは20名程度

店内は立ち食いカウンターのみ。番線側が6名、中央に3名×2、番線側が8名程度立ち食いできるスペースがあり、キャパは20名程度。カウンターの上には七味、ゆず七味、わさびといった調味料のほか、梅干しも用意されています。

そしてネギが取り放題なのも嬉しいところ。

生そばで、つゆはかつお節の香りが豊か!

店員さんにチケットを渡し、約2分後に呼ばれて受け取ってきたのがこちら。「かき揚げそば」(360円)です。

上から。トッピングはかき揚げのほか、ほうれん草とカマボコ。

それではいただきましょう。まずはそばから。生そばでコシもあり、そば自体の風味も感じます。そしてつゆは鰹節の香りが豊かでまろやか。久々に小諸そばの暖かいそばつゆをいただきましたが、こんなにクオリティが高かったっけ…と驚きました。かき揚げはタマネギを中心にニンジン、ネギ、そして3ミリ程度に刻んだゲソがいくつか入っています。タマネギが割と大きめに刻んであってなんか得した気分。これで360円とはコストパフォーマンスが高すぎます。ごちそうさまでした。

<私の評価>
★★★☆☆ 3.6(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都足立区千住旭町42-1 東武鉄道北千住駅3・4番線ホーム
◎交通手段:東武鉄道「北千住駅」3・4番線ホーム
◎営業時間:6:00~23:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告