【カップ麺】寿がきや「カップ名古屋駅でおなじみのきしめん」カツオ出汁が香り、きしめんは生タイプで本格的。

寿がきや「カップ名古屋駅でおなじみのきしめん」は、名古屋駅のホームにある人気きしめん店「住よし」のきしめんをモデルにした生麺タイプのカップ麺。香り高いかつおとムロ節の出汁が特徴です。

JR名古屋駅の各ホームにある立ち食いきしめん店「住よし」。私も好きで名古屋に行くと必ずといっていいほど立ち寄ります。新幹線ホームのお店はもちろん、在来線ホームのお店に行ったことがあります。このカップ麺はそんな住よしのきしめんをモデルにした商品。ただ商標登録の関係なのか「住よし」の文字はどこにも見当たらず、「名古屋駅でおなじみのきしめん」という苦肉の策みたいな商品名となっています。

早速つくってみる。

フタを開けると生タイプのきしめんと「かやく入りスープの素」、そして「花かつお」。

まず麺を取り出しカップに入れ、お湯をそそいでほぐします。そしてフタをして湯切り。そしてフタをとって「かやく入りスープの素」を入れ、お湯を入れてとかします。

さて感想は。

最後に花かつおを入れて出来上がり。めんの上で踊るのを期待していたのですが、量がそれほどなくてつゆに吸い込まれて行きました。

麺リフト。生タイプのきしめんでツルツル。

顔を近づけるとかつお出汁の香り。いいですね。一口いただくと出汁の味が濃厚です。生タイプのきしめんはもっちりとした食感でつるっとしたのど越し。ややコシがない感じもしましたが、許せる範囲。時々絡まる花かつおがいいアクセントになってくれます。かやくは細かく刻んだ油あげとネギ。小ぶりの油揚げは噛みしめるとジュワッとつゆが染み出します。かなり本格的な一杯で名古屋に行きたくなりました。ごちそうさまです。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.8(まあまあ気に入った)

<商品データ>
◎価格:210円(税抜)
◎内容量:155g(めん140g)
◎カロリー:237kcal
◎発売日:2015年8月31日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告