【立ち食いそば】立川「なかや」駅近のこじんまりとしたお店。乱切り風のそばとカツオ出汁香るまろやかなつゆ。

なかや」は立川駅から徒歩1分の立ち食いそば店。乱切り風のそばとカツオ出汁香るまろやかなつゆが特徴です。

JR立川駅南口から徒歩1分

場所はJR立川駅南口から徒歩1分。南口を出たデッキから見下ろすとこんな感じ。レイクの近く、赤丸印がこのお店です。

店の入口には緑色の値段表。これによるとベースとなる「かけそば・うどん」が280円、「天ぷらそば・うどん」が380円と、まあまあ一般的な立ち食いそば価格。天ぷらはちくわ天、イカ天、なす天などもあり。また「めかぶとろろ」(420円)という、この店オリジナル的なメニューもありますね。

店内は4~5人も入ればいっぱいに!

白い暖簾をくぐり、幅が60センチぐらいしかないドアを開けて店に入ると、店内は4~5人も入ればいっぱいになるこじんまりとしたつくり。正面が注文カウンターになっており、右側の壁沿いのカウンターとつながっており、L字型カウンターのようになっています。イスはなく、オールスタンディング方式。券売機はなく、口頭で店員さんに注文するシステムです。

入店したのは午前10時ちょい過ぎ。先客はおらず、女性店員さん1名体制でした。注文カウンターの左端上ぐらいにテレビがあり、朝のワイドショーを放映中。その下にあるウォーターピッチャーからコップに水を注ぎ、右側の壁沿いカウンターで出来あがりを待ちます。そして2分ほどで出てきたのがこちら。「天ぷらそば」(380円)。

上から。

そばは一本一本太さが違う乱切り風の平麺。そこそこコシもあります。つゆはカツオ出汁の風味が香り、まろやかな味わい。天ぷらは厨房内で揚げており、具は玉ねぎを中心に、ニンジンと春菊。揚げ置きでしたが、揚げてからそれほど時間が経っていなかったようで、まだサクサク感が残っています。そして食べ進めていくと、つゆのほんのりとした甘みを感じるようになりました。ふと店員さんを見ると、これから訪れるお昼のピークに向けて、黙々と天ぷらを揚げておられます。というわけで5分チョイで完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.6(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都立川市柴崎町3-3-3
◎交通手段:JR「立川駅」南口より徒歩1分
◎定休日:店内のカレンダーに丸印が書いてあります

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告