【立ち食いそば】新橋「かのや 新橋駅構内店」駅構内の人気店。ただこの日は若干つゆが薄かったような…。

JR新橋駅構内にある「かのや 新橋駅構内店」は、製麺業を営む会社が運営するお店。会社のサイトによると、そばは五割そばで、本ガツオ節、ソーダカツオ節、サバ節でとったつゆが自慢とのこと。そう聞いたらもう行くしかありません。実食してきました。

都内に4店舗ある「かのや」

「生そば・讃岐うどん かのや」は、製麺業を営む株式会社かのや食品が運営するそば・うどんチェーン店。現在、東京都内にこの店のほか、上野店、新宿西口店、新宿東南口店の4店舗を展開しています。新橋駅構内店の場所はJR「新橋駅」の烏森改札口出てまっすぐ10秒ほど進んだ右手。入口の左右に自動券売機があり、ここでチケットを購入して入店し、注文カウンターで注文するシステム。値段はベースとなる「かけそば・うどん」が290円で、「かき揚げそば・うどん」が430円と一般的な立ち食いそば店の価格。

店内は中央に長方形のテーブルタイプのカウンターがあり、片方にイスが6席ずつ、左の窓側カウンターにはイスが9席、正面奥のカウンターにはイスが5席でキャパは26席。カウンターには唐辛子とそば湯、割り箸、台拭きが並んでいます。

岩のりタップリの「岩のりそば」

この日入店したのは午後2時半ごろ。お昼のピークをはずしたつもりでしたが、店内はほぼ満員。さすが人気店。駅構内とロケーションが良く、店もオープンしてまだ3年弱と新しく清潔なので、ほとんどが中高年男性という通常の立ち食いそばより客層が広く、女性客の姿もチラホラ見えます。入口を入ってすぐ左手の注文カウンターで、店員さんにチケットを渡すと「そば?うどん?」と聞かれたので「そば」を指定。その場で30秒ほど待って出てきたのがこちら。「岩のりそば」(450円)。

上から。岩のりがたっぷり。

それではいただきます。まずつゆを一口。角がなくまろやかでカツオ節・サバ節の香りがする上品な味わい。ただ全体に薄くて何かもの足りない気も…。次にそば。生そばで適度なコシがあり、のど越しもまずまず。岩のりはフワフワでいい香り。時間が経つにつれてつゆに溶けてグズグズになって食感が変わるのも面白い。ただ気になるのがつゆの薄さ。食べログのレビューを見ても“つゆが薄い”というものはないので、この日たまたまそうだったのかもしれません。まあ、塩っぱすぎるよりは全然いいんですけどね。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都港区新橋2-17-14
◎交通手段:JR「新橋駅」烏森改札口出てすぐ
◎営業時間:7:30~23:00
◎定休日:1月1日~1月4日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告