【立ち食いそば】2017年に掲載した84店からベスト3を選びました。

2017年もあとわずか。ということで、今回は今年掲載した立ち食いそば店の中からベスト3を選びました。2017年1月から12月まで掲載したのは全部で84店。立ち食いそば店自体は20代の頃から好きで、もう30年ぐらい通っているのですが、このブログで本格的に店を紹介するようになったのは2016年1月から。そして1年間で76店をご紹介しましたので、今年は8店多く紹介したことになりました。ベスト3などと言っても食べた季節もメニューもバラバラ。比べるなんておこがましいんですが、まあ、個人の戯れ言ぐらいな感じで見てください。それではまず第3位から。同率で2店選びました。

第3位 秋葉原「そば・うどん あきば」

第3位の1店目は立ち食いそばの超激戦区として知られる秋葉原・昭和通り沿いの名店として知られるこのお店です。今回いただいたのは「天ぷらそば」(410円)。そばは心持ち太めでコシがあり、喉ごしがいいです。つゆは塩気が控え目ですが昆布とカツオの出汁がしっかりと香ります。天ぷらもサクサクでクオリティの高い1杯でした。

<店舗データ>
◎住所:東京都台東区台東1-10-3 第95新井ビル1F
◎交通手段:東京メトロ日比谷線「秋葉原駅」徒歩3分
JR「秋葉原駅」(昭和通り口)から徒歩4分
◎営業時間:[月~土]6:30~15:00(麺がなくなり次第終了)
◎定休日:日曜日・祝日

<地図>

第3位 青森「株式会社大谷製麺所 直売所」

同じく第3位のもう1店は青森市のお店です。いただいたのは「雲谷そば」。「もやそば」と読み、青森市の雲谷地区から酸ヶ湯地区にかけての区域で昔から食されているご当地そばです。「かき揚げ山菜雲谷そば」(510円)は、昆布の風味が前面に出たまろやかで優しいつゆとポツポツと切れるそばで、とても印象に残った1杯でした。

<店舗データ>
◎住所:青森県青森県青森市古川1-11-1
◎交通手段:JR「青森駅」から徒歩5分
◎営業時間:9:00~17:00
◎定休日:日曜日

<地図>

第2位 虎ノ門「峠そば」

続いて第2位は東京・虎ノ門にあるこのお店。いただいたのは「かき揚げ天そば」(380円)。そばは生そばで茹でたて。やや細目ですがしっかりとした歯ごたえがあり、喉越しもいいです。つゆも絶品。かつお出汁が香り、角のないまろやかで優しい味です。そしてかき揚げは揚げたてで、これで380円とは…。もう感動しかありません。

<店舗データ>
◎住所:東京都港区虎ノ門1-8-11
◎交通手段:「虎ノ門駅」徒歩2分
◎営業時間:6:00~15:50
◎定休日:土日祝

<地図>

第1位 新橋「おくとね」

そして第1位は新橋駅前ビルの地下1階にあるこのお店。絶品の「まいたけ天そば」(450円)のまいたけ天は、時間が経つに連れてどんどんつゆに溶けていってホロホロに!ぜひ立ち食いそばファンに味わってほしい一杯です。

<店舗データ>
◎住所:東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館 B1F
◎交通手段:「新橋駅」直結の新橋駅前ビル1号館の地下1階
◎営業時間:[月~金]07:00~20:00
◎定休日:土曜日・日曜日・祝日

<地図>

まだまだいいお店がいっぱい!14店をご紹介します

他にもいいお店にたくさん出会いました。その中でも特にいいと思った14店を以下にご紹介します。順番は紹介した日付順で、上ほど最近紹介したお店になります。

築地「天花そば」
四谷三丁目「つぼみ家 四谷店」
駒込「一〇そば(いちまるそば)」
秋葉原・浅草橋「スタンドそば 野むら」
渋谷「そば処 信州屋 渋谷店」
四谷「政吉」
秋葉原「みのがさ 神田和泉町店」
新潟駅「新潟庵 1号ホーム店」
本厚木「名代箱根そば 本厚木ミロードイースト店」
神奈川「そば処 味奈登庵 青木橋店」
神田「つぼみ屋 神田東口店」
大崎広小路「おそば 天かめ 大崎広小路店」
静岡「スマル亭 静岡店」
田端「立喰そば かしやま」

2018年もいいお店にたくさん出会いたいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告