【立ち食いそば】秋葉原「箱根そば 秋葉原店」秋葉原昭和通り口を出てすぐで気軽に食べられる

秋葉原の「箱根そば 秋葉原店」は、秋葉原昭和通り口を出てすぐのところにある立ち食いそば店。コシのある生そばが特徴です。

小田急線沿線を中心に直営店43店舗を展開

「名代 箱根そば」は、2017年11月現在で小田急線沿線を中心に直営店43店舗を展開しています。直営店としては過去に以下の3店をご紹介しました。

場所はJR「秋葉原駅」の昭和通り口を出てすぐ。店内を入ってすぐ左に自動券売機。そこで食券を購入し、奥の注文カウンターで店員さんに食券を渡しオーダーするシステム。値段はベースとなる「かけそば・うどん」が280円、「かき揚げそば・うどん」が390円。

キャパは25名程度

この日入店したのは午後3時。昼食と夕食の間の中途半端な時間でしたが、男性3名、女性1名の計4名のお客さんがいらっしゃいます。店内は店の中央、注文カウンターの後ろ辺りにテーブルタイプの立ち食いカウンター。片側6名ぐらいが立ち食いできるぐらいの大きさ。そして壁際にはイスありカウンターが7席。奥がテーブル席になっており、2人用テーブルが1卓、4人用テーブルが1卓。キャパは25名程度。注文カウンターでチケットを渡し、立ち食いテーブルで出来上がりを待ちます。カウンター上には醤油と七味。

そして約2分で出てきたのがこちら。「めかぶそば」(440円)。

上から。めかぶの上にはごま。そのほかトッピングは温玉、ワカメ、天かす、ネギ。

さっそくいただきましょう。そばはやや細目の生そばで、しっかりとコシがあります。つゆはいつもの箱根そばクオリティでカツオ出汁の香りにめかぶの香りが混じっています。そのめかぶをはじめ、わかめ、天かす、温玉、ネギと具がたくさん入っていて、食感・味に変化があるので食べていて楽しいですね。何気にめかぶにかけてあるゴマもいいアクセントになっていて、あっという間に完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都千代田区神田佐久間町1-19 山中ビル1F
◎交通手段:JR・地下鉄日比谷線「秋葉原駅」昭和通り口徒歩1分
◎営業時間:月~土7:00~22:30 日祝7:00~22:00
◎定休日:無休

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告