【カップ麺】サンヨー食品「サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン」辛くもなくコクもなく中途半端なスープ。

今回いただいたのは、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター 桃屋のキムチの素使用 キムチ鍋風ラーメン」。カップスター43rd誕生記念商品で、「桃屋のキムチの素」を使用したスープがウリ。果たしてその味は?食べてみました。

この商品はスープに桃屋のロングセラー「キムチの素」を使っているのが特徴。カップ横には「キムチの素」の説明が書いてあります。

パッケージは赤がベースで、売場で目立つカラーリング。

早速つくってみる。

フタを開けるとこんな感じ。白菜キムチらしいものが見えます。

さて感想は。

小袋類はないので、そのままお湯を注いで3分で出来上がり。

麺リフト。

さて、いただきます。まずスープ。商品名からキムチ風味の濃厚な辛さのあるラーメンを予想していましたが、醤油ベースでわずかながらキムチの酸味を感じる程度。辛さはほとんどありません。次に麺。ごく一般的な油揚げ麺。具は白菜キムチ、ねぎ、鶏・豚味付き肉そぼろ。白菜キムチはほんのりとキムチの味。全体的に味が薄くぼんやりした印象です。食べ進めればしっかり独自の味になっていくのかと思いきや、辛くもなくコクがあるわけでもなく、最後までぼんやりしたまんま。なんで記念商品なのにこんな中途半端な味なんでしょう。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★☆☆☆ 2.5(う~ん)

<商品データ>
◎価格:180円(税別)
◎内容量:66g(麺50g)
◎カロリー:266kcal
◎発売日:2018年1月

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告