【立ち食いそば】馬喰横山「文殊 馬喰横山店」改札を出てすぐ横。乗り換え時や仕事の途中にサクッと食べられる。

文殊 馬喰横山店」は、駅改札すぐ横にある立ち食いそば店。茹でたてのそばと店で揚げた天ぷらが自慢です。

「馬喰横山駅」の改札を出たすぐ横

文殊は都内を中心に11店舗あります(2018年1月末)。このブログではこれまで以下の5店舗をご紹介しました。

両国の「文殊 両国本店」は立ち食いそばファンに人気が高く、都内を中心に勢力を拡大しているそばチェーン店「文殊」の本店です。 場所は...
「文殊 両国駅前店」はJR「両国駅」東口からすぐの立ち食いそば店(座れますけど)。茹でたての細目の自家製そばは、冷やしでもイケます。 ...
都内を中心に11店舗展開する立ち食いそば店「文殊」。これまでこのブログでは板橋区にある2店舗をご紹介しました。 今回は...
東武東上線の大山駅南口改札を出てすぐの「文殊 大山店」に行ったところ、営業時間などが変更になっていたのでご紹介しておきます。 ...
「文殊 成増店」は東武東上線「成増駅」構内にあるそば店。自家製麺、サクッとした天ぷら、茹でたてのそばで人気です。 成増駅は池袋...

馬喰横山店の場所は都営新宿線の「馬喰横山駅」の改札を出たすぐ横。都営地下鉄浅草線の「東日本橋駅」との接続通路にあります。下の写真で右が馬喰横山の改札。

入口の左横に自動券売機があり、ここで食券を買って入口正面にある注文カウンターで店員さんに食券を渡してそばかうどんを指定するシステム。値段はベースとなる「かけそば・うどん」が300円、「かき揚げそば・うどん」が380円。

店内は立ち食いカウンターのみ。注文カウンターの左右、壁際にカウンターがあり、キャパは12名程度。この日入店したのは朝9時15分頃。先客は通勤途中のビジネスマン3名。注文を済ませると壁際のカウンターで出来上がりを待ちます。店内にはラジオが流れていますね。カウンターの上には七味と割り箸、爪楊枝。

注文を受けてから茹で始めるそば

注文を受け取ってからそばを茹で始めるみたいで、2分後ぐらいに呼ばれて受け取ったのがこちら。「ワカメそば」(380円)。

上から。

そばリフト。

さて、いただきます。そばは茹でたての生そば。文殊独特のやや細目で、しっかりコシがあります。そしてつゆはカツオ出汁の香りで、文殊クオリティ。今回はわかめでアクセントをつけつつサクッと完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.5(まあまあ気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都中央区日本橋横山町4-13
◎交通手段:都営新宿線「馬喰横山駅」改札横
◎営業時間:[月~金]6:30~23:00 [土・日・祝]7:00~21:00
◎定休日:無休(元日を除く)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告