【立ち食いそば】昭島「清流そば 昭島店」JR青梅線「昭島駅」改札内にある立ち食いそば店。

清流そば 昭島店」は、JR青梅線「昭島駅」改札内にある立ち食いそば店です。

立川、国分寺、昭島にある「清流そば」

「清流そば」は、JR東日本グループの日本レストランエンタプライズ(NRE)が展開する駅そば店のブランドの一つ。グレードは「あじさい茶屋」「大江戸そば」などと同クラスで、スタンダードレベル。「いろり庵きらく」よりはワンランク下。2018年2月現在、この昭島店の他、「立川3・4番線ホーム店」「立川5・6番線ホーム店」「国分寺店」の3店舗があり、全部で4店舗。そのうち「立川5・6番線ホーム店」はこのブログでもご紹介しました。

今回伺った「昭島店」の場所はJR青梅線の「昭島駅」改札内。入口左にNRE系立ち食いそば店共通のタッチパネル式自動券売機があり、ここで食券を購入し、店内で店員さんに渡してオーダーするシステム。価格はベースとなる「かけそば・うどん」が270円、「かき揚げそば・うどん」が400円と一般的な立ち食いそば店価格。

自動券売機のすぐ左の入口から入ると、午前11時10分という中途半端な時間だったので先客はおらず。店内は左右に長い立ち食いカウンターがあり、8人~10人ぐらい立ち食いできそう。

この立ち食いカウンターだけかと思ったら、右端にイス席が一つ。なんか不思議なスペース。そばと向き合うのにはいいかもしれませんが、私はここに座るぐらいだったら立ち食いがいいな。

追加で単品の購入もOK!

店員さんは1名体制。カウンターの中央の注文口で食券を渡してそばをオーダー。入口を入ってすぐのカウンターの左端にある給水器で水をコップに注ぎ、中央よりやや右寄りにスペースを確保して出来上がりを待ちます。カウンターの上にはつまようじと共に七味、ゴマ、コショーといった調味料が並んでいます。

さらに目の前には「かきあげ」130円、「温泉玉子」100円など単品メニュー。上段の左端に「かけそばすするくん」書かれたイラストが。この「すするくん」、店内の壁に貼ってある「かけそば回数券販売中」のポスターにも描かれていたんですが、清流そばオリジナルのキャラか?

そして約2分で出てきたのがこちら。「からし菜紅生姜天そば」(400円)。

上から。

さて、いただきます。そばはフワフワタイプのNRE系駅そば共通のもの。つゆはほんのりカツオ出汁の香りがする、こちらもNRE系駅そば共通タイプ。そしてからし菜紅生姜天。このお店にはカウンター内の左端に天ぷらを揚げるスペースがあり、店員さんがお店で揚げています。いただいたものは揚げ置きでしたが、まだサクサク感は残っていました。上の写真を見ていただければわかると思いますが、ほとんどはさっぱりとしたからし菜で、紅生姜は細切りされたものがパラパラ混じっている程度。といっても紅生姜が混ざった部分を食べると、ピリッとした紅生姜の香りが口の中に広がり、存在感は結構あります。半分ぐらい食べたところで60代ぐらいの男性が来店し「中華そば」(390円)をオーダー。それまで天ぷらを揚げていた店員さんがカウンター中央下付近から中華麺を取り出し茹で始めます。その様子をチラリと見つつ完食。ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.2(まあまあ)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都昭島市昭和町2-1-10
◎交通手段:JR青梅線「昭島駅」改札内
◎営業時間:(月~金)7:00~21:00 (土)7:00~15:00
◎定休日:日祝

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告