【立ち食いそば】渋谷「蕎麦 冷麦 嵯峨谷 渋谷店」店内石臼挽きの十割そば(もり)がなんと320円!

蕎麦 冷麦 嵯峨谷 渋谷店」は、十割そばを立ち食いそば価格で楽しめるお店です。

十割そば(もり)が320円

「蕎麦 冷麦 嵯峨谷」は、東京都内に展開する路面そばチェーン店。特徴は十割そば(もり)が320円という低価格ということです。数年前は280円だったんですが、320円でもまだ安いですね。この渋谷店のほか、歌舞伎町店、小滝橋通り店、池袋店、神保町店、水道橋店、浜松町店があって、このブログではこれまでに2店舗を紹介しています。

場所は渋谷の東急本店のそば。渋谷駅から109の右側の道を4~5分行ったところ。ドンキホーテのすぐ先だったんですが、そのドンキは昨年5月に閉店していたんですね。

店内は奥に細長いつくり

この日入店したのは午前10時45分頃。メニューのサンプルが並ぶケースの横の木製扉を開けて店内に入ると、すぐ右に粉を挽く石臼。そして数歩先の左側に自動券売機が2台。ここで食券を購入して奥の注文カウンターで店員さんに渡し、半券を受け取って空いているスペースで出来上がりを待つシステム。価格はベースとなる「もり・かけそば」が320円で、「天ぷらそば」が450円。あとビール(プレミアムモルツ)が150円というのもこのお店のウリ。

店内は奥に細長いつくりでカウンター席のみ。入口付近に右の壁際に7席、左壁際に3席。奥左側が厨房となっており、その前のカウンターが4席、その後ろの右側の壁際カウンターが8席。キャパは22名。食券を店員さんに渡し、入口寄りの右壁際のカウンターで番号を呼ばれるのを待ちます。カウンターの上には箸箱にそば湯、醤油、塩、七味。ここの箸はプラスチックではなく木製で食べやすいんですよね。

そして待つこと約4分で出てきたのがこちら。「天もりそば(冷)」(450円)。

押し出し製麺機によるそば。平打形状でエッジが立ってます。

こちらは天ぷら。

さて、いただきます。まずはそば。わさびを一つかみ付け、つゆにくぐらせ口に運びます。しっかりとコシがあり食べ応えがありますね。つゆはもう少しかえしが強い方が好みですが、まあこれはこれでいいです。天ぷらは揚げてそれほど時間が経っていないのか、まだ温かさが残っていました。やや小ぶりですが、タマネギ、枝豆、サツマイモ、小エビと具材がたくさん。とにかくそばの存在感があって、手繰るのが楽しいので箸も進み、サクッと完食。最後はそば湯をいただいて、ごちそうさまでした。

<私の評価(5段階)>
★★★☆☆ 3.6(気に入った)

<地図>

<店舗データ>
◎住所:東京都渋谷区道玄坂2-25-7 プラザ道玄坂 1F
◎交通手段:各線「渋谷駅」から5分程度
◎営業時間:24時間営業
◎定休日:不定休、1月1日~3日

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告